海上自衛隊の練習用ヘリコプターが墜落、宮崎県えび市の山中で残骸、及び、心肺停止状態の乗員3人を発見


0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_02.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_03.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_04.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_05.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_01.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_02.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_03.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_04.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_05.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_06.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_07.jpg

0099_kaijyou_jieitai_heli_tsuiraku_201502_b_08.jpg

【主報】 (2015/02/13-10:41)
 海上自衛隊の練習用ヘリコプターが墜落、宮崎県えび市の山中で残骸、及び、心肺停止状態の乗員3人を発見



 防衛省は13日、鹿児島、宮崎県境で12日に消息を絶った海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)所属の練習用ヘリコプター「OH6D」の部品とみられる残骸と隊員3人を、宮崎県えびの市の山中で発見したと明らかにした。

 防衛省によると、ヘリコプターとみられる機体の付近で見つかった隊員3人はいずれも心肺停止という。

 防衛省は13日朝から捜索を再開し、鹿児島県警も参加。えびの市のJR真幸駅近くに設置された拠点に展開する陸上自衛隊によると、午前9時25分ごろ、機体の一部とみられる破片を上空から確認した。

 ヘリは飛行計画で予定していた鹿児島県出水市上空が天候不良だったため、伊佐市からの飛行ルートを、本来より東寄りのえびの市と宮崎県小林市の上空に変更すると、鹿屋基地と鹿児島空港に伝えていた。

産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/150213/wst1502130028-n1.html

【前報】 (2015/02/12-14:52)
 海上自衛隊の練習用ヘリコプターが行方不明、鹿児島県伊佐市付近で消息を絶つ、学生ら3人が搭乗



 12日午前、鹿児島県の海上自衛隊鹿屋基地所属のヘリコプター1機が訓練飛行中に行方不明になった。ヘリには隊員ら3人が搭乗。鹿児島県上空での交信を最後に行方が分からなくなったといい、海自と空自の航空機が付近を捜索している。

 防衛省によると、ヘリはOH6DA。4人乗りの小型ヘリで、パイロット養成の練習機として配備されており、海自の学生ら3人が乗っていた。

 ヘリは同日午前9時19分に鹿屋基地を離陸。同11時5分に鹿児島県伊佐市付近での無線交信を最後に行方が分からなくなったという。ヘリの燃料は同日午後0時20分ごろまで飛行が可能だったといい、防衛省は不時着したか、遭難した可能性もあるとみて付近を捜索している。

 同日午前の鹿児島県上空は雨雲で視界が悪かったという。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150212/afr1502120021-n1.html

【続報】 (2015/02/13-17:34)
 海上自衛隊ヘリコプター墜落事故、乗員3人の死亡確認、原因究明に向け調査を開始



 宮崎県えびの市の山中で海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)所属のヘリコプターが残骸で見つかった事故で、防衛省は13日、現場付近で発見した乗員3人の死亡を確認した。ヘリは何らかの理由で墜落したとみられ、防衛省海上幕僚監部の事故調査委員会は、原因究明に向けて現場の調査に着手した。

 乗員3人は、訓練生で20代の男性2曹=群馬県出身=が機体の外で、機長の山本忠浩3等海佐(39)=長崎県出身=と、40代の男性3佐=静岡県出身=の2人は機体の下敷きになって見つかった。いずれも心肺停止で、病院に搬送されていた。

 残骸で発見されたのは、練習用ヘリ「OH6D」。山中の林の中に突っ込んだような形で、大破していた。鹿屋基地などによると、現場には調査委のメンバーらが入り、数日間かけて調べた後、機体を鹿屋基地に運ぶという。3人が所属する211教育航空隊の関係者らからも聞き取り調査し、事故の原因が判明すれば再発防止策もまとめる。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150213/afr1502130042-n1.html

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/02/14(土) 15:28:10
    左の人たちが静かなのはオスプレイ叩きができなくなるからかな?
Comment form

トラックバック

Trackback URL