福井県敦賀市の国道8号線で大雪により自動車200台が一時立ち往生、26キロの区間が通行止め


0090_Fukui_sekisetsu_Route8_tsuukoudome_201502_01.jpg

0090_Fukui_sekisetsu_Route8_tsuukoudome_201502_02.jpg

0090_Fukui_sekisetsu_Route8_tsuukoudome_201502_03.jpg

0090_Fukui_sekisetsu_Route8_tsuukoudome_201502_04.jpg

【主報】 (2015/02/10-11:03)
 福井県敦賀市の国道8号線で大雪により自動車200台が一時立ち往生、26キロの区間が通行止め



 福井県敦賀市の国道8号で10日未明から午前にかけ、積雪のため立ち往生する車が相次いだ。県などによると、同県越前市から敦賀市にかけて一時200台以上が動けなくなった。けがや体調不良になった人がいるとの情報はない。

 敦賀市内で複数の車が雪で身動きできなくなり、片側1車線の上下線をふさぎ、後続車も動けなくなった。

 越前市から敦賀市の約26キロの区間が午前2時半ごろから通行止めとなったが、国土交通省福井河川国道事務所が車を牽引(けんいん)するなど作業を進め、午前10時までに立ち往生はほぼ解消された。

 福井地方気象台によると、10日午前7時の敦賀市の積雪は54センチだった。

産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/150210/wst1502100031-n1.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL