エジプト首都カイロでサッカークラブのサポーターが暴徒化し警官隊と衝突、20人が死亡、治安当局のスタジアム入場規制に反発


0088_Egypt_soccer_boudou_201502_01.jpg

0088_Egypt_soccer_boudou_201502_02.jpg

0088_Egypt_soccer_boudou_201502_03.jpg

0088_Egypt_soccer_boudou_201502_04.jpg

0088_Egypt_soccer_boudou_201502_05.jpg

【主報】 (2015/02/09-06:20)
 エジプト首都カイロでサッカークラブのサポーターが暴徒化し警官隊と衝突、20人が死亡、治安当局のスタジアム入場規制に反発



 【カイロ時事】エジプトの首都カイロで8日、地元サッカークラブのサポーターが治安当局のスタジアム入場規制に反発して暴徒化し、地元メディアによると、警官隊との衝突で約20人が死亡、数十人が負傷した。

 エジプトでは2012年、サッカー試合後のサポーター同士の衝突で74人が死亡するなど、興奮した観客による事件・事故が後を絶たない。このため、治安当局は最近、試合会場への入場規制を実施してきた。

 8日の試合では規制が設けられず、サポーターが殺到した。当局が急きょ入場を制限したところ、方針転換に怒った人々が会場への乱入を試み、衝突に発展した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2015020900026

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL