通販大手アスクルの物流倉庫で火災が発生、6日に渡る延焼で4万5000平方メートルが焼損、7万点の文房具や食品などの商品を保管




【2017/02/22最新】 【主報】 (2017/02/16-21:16)
 通販大手アスクルの物流倉庫で火災が発生、6日に渡る延焼で4万5000平方メートルが焼損、7万点の文房具や食品などの商品を保管



 16日午前9時15分ごろ、通販大手アスクルの埼玉県三芳町の物流倉庫で「段ボールが燃えている」と従業員の男性から119番があった。県などによると、3階建て倉庫に燃え広がり、少なくとも約1万5000平方メートルを焼いた。

 男性従業員2人が煙を吸って病院に搬送されたが、命に別条はない。県警東入間署が出火原因を調べている。

 アスクルによると、倉庫は約7万平方メートル。北海道や東北、関東など19都道県に、コピー用紙や文房具、日用品などを発送している。火災に伴い、注文受け付けを一時停止したが、別の倉庫で発送の準備を整え、再開した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021601128&g=soc















0819_askul_souko_kasai_20170220_j_04.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 17/02/16報 アスクルの倉庫で火災が発生
















































































































»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL