日本の出生数、統計開始以来初の100万人割れ、昨年から2万人減、少子化に歯止めかからず、死亡数が出生数を上回るのは10年連続




【2016/12/22最新】 【主報】 (2016/12/22-18:39)
 日本の出生数、統計開始以来初の100万人割れ、昨年から2万人減、少子化に歯止めかからず、死亡数が出生数を上回るのは10年連続



 2016年生まれの子どもの数が1899年の統計開始以来初めて100万人を割り、98万1000人となる見通しであることが22日、厚生労働省がまとめた人口動態統計の年間推計で分かった。

 昨年の100万5677人(確定値)から2万人以上減っており、少子化に歯止めがかからない状況が改めて浮き彫りになった。

 一方で死亡数は129万6000人に上り、死亡数から出生数を差し引いた人口の自然減は31万5000人で、統計開始以来初めて30万人を超える見込み。死亡数が出生数を上回るのは10年連続。

 1人の女性が生涯に産む子どもの数の推計値を示す15年の合計特殊出生率は1.45(確定値)となり、前年を0.03ポイント上回った。ただ、政府が目標として掲げる「希望出生率1.8」の達成には遠く及ばない状況だ。

 厚労省の担当者は「第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)の女性が40歳を過ぎ、20~30代の女性人口が減っているのが最大の原因。平均初婚年齢が年々上がっていることも背景にある」と分析している。厚労省によると、女性の第1子出産時の平均年齢は50年の24.4歳から15年には30.7歳まで上昇している。 
 16年推計の婚姻件数は前年比1万4000組減の62万1000組、離婚件数は同9000組減の21万7000組だった。

 人口動態統計の年間推計は今年1~10月までのデータを基に11、12月分の数値を予測して算出している。

 塩崎恭久厚労相は22日の閣議後記者会見で「出生数の動向は厳しい状況がずっと続いている。働き方改革を進め、子育て支援にさらに力を入れていく」と述べた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122200375&g=soc















0810_syusseisuu_20161222_a_03.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/12/22報 出生数が100万人割れ
















»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL