北海道東部で猛吹雪、羅臼町で統計開始以来最多の1メートル79センチの積雪を記録、北海道は自衛隊に災害派遣を要請


0081_Hokkaido_rausucho_ooyuki_201502_01.jpg

0081_Hokkaido_rausucho_ooyuki_201502_02.jpg

0081_Hokkaido_rausucho_ooyuki_201502_03.jpg

0081_Hokkaido_rausucho_ooyuki_201502_04.jpg

【主報】 (2015/02/02-21:34)
 北海道東部で猛吹雪、羅臼町で統計開始以来最多の1メートル79センチの積雪を記録、北海道は自衛隊に災害派遣を要請



 発達した低気圧が千島近海に停滞した影響で、北海道東部では猛吹雪となった。羅臼町では2日正午時点の積雪が1メートル79センチとなり、2005年の統計開始以来の最多記録。最大瞬間風速は2日午前0時すぎに27.0メートルを観測した。

 羅臼町では、町に通じる国道全てで通行止めが続いた。積雪の影響で自宅にたどり着けない住民や、家から出られなくなった高齢者が発生し、町による除雪が追い付かなくなった。

 町から報告を受けた道は2日午前9時20分、住民の安全を確保するため自衛隊に災害派遣を要請。隊員約50人が約60戸を対象に除雪作業を行った。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015020200814&g=soc

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL