大手広告代理店「電通」、労働基準法違反で書類送検、新入社員が過労自殺ことで社会問題に、勤務時間を過少申告させていた疑いも、社長が引責辞任を表明




【2016/12/29最新】 【主報】 (2016/12/28-21:07)
 大手広告代理店「電通」、労働基準法違反で書類送検、新入社員が過労自殺ことで社会問題に、勤務時間を過少申告させていた疑いも、社長が引責辞任を表明



 大手広告代理店電通の新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺した問題で、厚生労働省東京労働局は28日、高橋さんら社員2人に違法な長時間労働をさせていたとして、労働基準法違反の疑いで法人としての電通と、高橋さんらの上司だった幹部1人を東京地検に書類送検した。電通の石井直社長は同日夜に会見し、来年1月の引責辞任を表明した。

 東京労働局は高橋さんの自殺をめぐる社会的影響も考慮し、上司だった幹部を優先して、立ち入り調査から2カ月余りという異例の早さで立件した。電通で全社的に違法な長時間労働が常態化していたとみており、さらに上層部の関与がなかったかなど、年明けも捜査を継続する。

 会見で石井社長は「過重労働を抜本的に解決できず、深い責任を感じる。全責任を取る」と述べ、来年1月に開かれる取締役会で辞任する意向を示した。

 送検容疑は昨年10月1日~12月31日の間に、上司の幹部が高橋さんと男性社員の2人に対し、労使協定で定めた上限を超える違法な時間外労働をさせた疑い。

 東京労働局は、幹部が高橋さんらに勤務時間を過少申告させていた疑いについても、引き続き調べる。

 高橋さんは昨年12月25日、住んでいた会社の寮から飛び降り自殺。今年9月に労災認定された。自殺前にうつ病を発症しており、発症前1カ月の残業時間は労使協定の上限の70時間を超える約105時間と認定された。

 これを受け、東京労働局などは10月に東京本社と支社、子会社を立ち入り調査し、11月には強制捜査に切り替えて本社と3支社を家宅捜索。法人の代表者として石井社長から事情を聴くなど、書類送検に向け捜査を進めていた。

 電通では1991年にも入社2年目の男性社員=当時(24)=が過労自殺しており、遺族が起こした訴訟で最高裁が会社の賠償責任を認めた。2010年には中部支社、14年に関西支社、15年には東京本社が、それぞれ労働基準監督署から是正勧告を受けていた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122800353&g=soc















0807_Dentsu_roudou_kijyunhou_ihan_20161229_k_03.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/09/23報 架空請求が発覚
























 16/12/11報 電通本社を強制捜査
























































 16/12/28報 電通を書類送検










































»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL