ロシアの軍用機が黒海に墜落、軍の合唱団ら92人が搭乗、テロの可能性は低いという見方




【2016/12/26最新】 【主報】 (2016/12/25-22:18)
 ロシアの軍用機が黒海に墜落、軍の合唱団ら92人が搭乗、テロの可能性は低いという見方



 【モスクワ時事】ロシア国防省によると、南部ソチの空港を離陸した92人乗りの軍用機が25日、黒海に墜落した。捜索隊はソチ沿岸から1.5キロ、深さ50~70メートルの沖で機体の一部とみられる破片を発見。海上では搭乗者とみられる複数の遺体が収容された。

 インタファクス通信によると、国防省報道官は墜落現場付近に「生存者がいる兆候はない」と述べた。国防省によれば、墜落したのはツポレフ154型機で乗客84人と乗員8人が搭乗。25日午前5時25分(日本時間同11時25分)ごろ離陸し、シリア西部ラタキアの空軍基地に向かおうとしていた。ロシアがシリアでの空爆の拠点としている基地で、新年を祝うため、軍の合唱団ら60人以上やテレビ局の記者らが乗っていた。モスクワを出発し、ソチの空港で給油を行っていた。

 ロシアのシリア空爆に対してはトルコの首都アンカラで19日に「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」と叫ぶ警官にロシア大使が射殺されたばかり。テロの恐れも消えない中、オゼロフ上院国防委員長はロシア通信に対し「テロの可能性を完全に排除する」と述べ、技術的不具合か操縦ミスの可能性を事故原因と主張した。

 ロシア救助当局筋もインタファクス通信に対し「上昇中に技術的な不具合が発生した」と推測。軍用機は救難信号は発していなかった。

 一方で、ペスコフ大統領報道官は「何かを言うには早過ぎる」と述べ、詳しい調査を待つ構え。プーチン大統領はメドベージェフ首相に対し、墜落原因を調査する委員会を設置するよう指示した。連邦捜査委員会は安全基準に違反していなかったか捜査を始めた。

 ロシアはシリアのアサド政権を支援するため、2015年9月から反体制派への空爆を行っている。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122500031&g=int















0805_Russia_military_aircraft_tsuiraku_20161226_d_04.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/12/25報 ロシアの軍用機が墜落












































»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2016/12/31(土) 14:28:02
    なるほどおおお
Comment form

トラックバック

Trackback URL