ドイツの首都ベルリン中心部のマーケットにトラックが突っ込む、12人が死亡、48人が負傷、イスラム国が犯行声明




【2016/12/24最新】 【主報】 (2016/12/20-12:40)
 ドイツの首都ベルリン中心部のマーケットにトラックが突っ込む、12人が死亡、48人が負傷、イスラム国が犯行声明



 【ベルリン時事】ドイツの首都ベルリン中心部で19日午後8時(日本時間20日午前4時)ごろ、トラックがクリスマスマーケットに突っ込み、12人が死亡、48人が負傷した。警察はトラックを使った「襲撃」との見方を示した。デメジエール内相も公共放送ARDに対し、「襲撃をうかがわせる要素が多い」と述べた。

 トラックを運転していた男は逃走したが、警官に逮捕された。この容疑者がパキスタンかアフガニスタン出身の難民希望者との情報も出ている。当局はテロの可能性も念頭に、動機や背後関係の解明を急ぐ。また、警察はポーランド国籍の同乗者1人の死亡が確認されたと明らかにした。

 トラックはポーランドの運送会社が所有していたが、警察は「盗まれた疑いがある」と指摘した。AFP通信によると、運送会社はこのトラックを使い、ベルリンに鉄骨を運ぶ予定だった。同社代表は「午後以降(運転手から)連絡がない」と語った。

 在ベルリン日本大使館は「今のところ、死傷者に日本人が含まれているとの情報はない」としている。

 独メディアによれば、トラックはクリスマス市の中を50~80メートル暴走し、人々をはね、多くの屋台をなぎ倒した。現場のそばには、第2次大戦中に連合軍の空爆で尖塔(せんとう)が崩壊したカイザー・ウィルヘルム記念教会や動物園があり、普段から観光客らでにぎわっている。

 独政府のザイベルト報道官はツイッターで、「犠牲者を悼み、多くの負傷者の命が救われるよう願う」と表明した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122000052&g=int














0804_Berlin_terrorism_20161222_e_02.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/12/20報 ベルリンのマーケットにトラックが突っ込む


























































































 16/12/23報 イタリアで容疑者を射殺


















»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL