北陸新幹線の延伸ルート、小浜・京都ルートに決定、全長140キロを43分、建設費は2兆700億円、2022年度末に開業予定




【2016/12/20最新】 【主報】 (2016/12/14-17:29)
 北陸新幹線の延伸ルート、小浜・京都ルートに決定、全長140キロを43分、建設費は2兆700億円、2022年度末に開業予定



 北陸新幹線の延伸ルートについて話し合う与党検討委員会は14日、福井県敦賀市から同県小浜市と京都駅を経由し、新大阪駅に至る「小浜・京都ルート」を採用することで決着した。20日に上部組織の与党プロジェクトチームで正式決定する見通しだ。

 北陸新幹線は金沢-敦賀(福井県)間が2022年度末に開業する予定だが、敦賀以西ルートは決まっていなかった。

 延伸ルートは「小浜・京都」の他、滋賀県の米原駅で東海道新幹線に接続する「米原ルート」、小浜市と京都府舞鶴市を経由して京都駅、新大阪駅に至る「舞鶴ルート」の2案があり、与党がルートの絞り込みを進めてきた。

 国土交通省の試算では、「小浜・京都」は全長140キロを約43分で結び、3案中最短。建設費は2兆700億円で、30年後の完成を見込んでいる。検討委トップの西田昌司参院議員は「小浜・京都」に決めた理由を「乗車時間の短さや利用者の利便性を総合的に勘案した」と説明した。

 検討委はまた、京都駅から新大阪駅までのルートについて、駅を設けず直結させる案の他、京都府京田辺市内に新駅を設置する案の2案を継続して議論することも決めた。来年1月末にも国交省が公表する費用対効果などの試算を踏まえ、3月末までに決める方針だ。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121400518&g=eco















0802_Hokuriku_shinkansen_route_20161208_a_01.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/12/08報 小浜京都ルートの方針に














 16/12/20報 小浜京都ルートに決定
















»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL