イスラム国による邦人拉致殺害予告事件、後藤健二さんの妻が夫の解放を訴える声明を発表、イスラム国がメッセージを発信するよう要求


0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_01.jpg

0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_02.jpg

0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_03.jpg

0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_04.jpg

0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_05.jpg

0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_06.jpg

0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_b_01.jpg

0079_Islamic_State_message_wife_of_Kenji_Goto_201501_b_02.jpg

【主報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/30-07:08)
 イスラム国による邦人拉致殺害予告事件、後藤健二さんの妻が夫の解放を訴える声明を発表、イスラム国がメッセージを発信するよう要求



 過激組織「イスラム国」に拘束された後藤健二さんの妻が29日、フリージャーナリスト支援団体を通じて声明を出し、夫の後藤さん解放に向けた日本、ヨルダン両政府の取り組みを訴えた。イスラム国から、世界のメディアにメッセージを発信しなければ「次は健二だ」と警告を受けたという。

 イスラム国は、ヨルダンがイラク人の女死刑囚を釈放しなければ、拘束しているヨルダン軍パイロット、さらに後藤さんを殺害すると予告。英語で書かれた声明で、後藤さんの妻は政府の努力に感謝を表明した上で、2人の命運は「皆さんの手中にあると、日本とヨルダンの両政府に理解してほしい」と訴えた。

 後藤さんの拘束を妻が知ったのは、犯行グループがメールを送りつけた昨年12月2日。以来、解放に向け「休むことなく水面下で頑張ってきた」が、「子供たちと家族をメディアの注目から守るため」対外的な発言は控えてきたという。

 声明はその上で、まだ幼い娘2人に「再び父親に会わせてあげたい」と吐露。「夫は善良で正直な人。シリアへ行ったのは、傷ついた人々がどんな状況に置かれているか明らかにするためだった」と強調した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013000095&g=int

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/30-11:37)
 ヨルダン政府、釈放期限過ぎるも死刑囚の引き渡しに応じず、ヨルダン空軍パイロットの生存確認が必要であるとする姿勢を堅持、イスラム国からも声明の公表はなし



 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」による日本人人質事件で、後藤健二さん(47)の解放条件とされたイラク人女死刑囚の釈放期限だった日本時間29日夜が経過した。ヨルダン政府は依然死刑囚の引き渡しに応じていない。イスラム国側からも声明の公表など新たな動きはない。

 安倍晋三首相は30日午前の衆院予算委員会で「しっかりと情報収集、分析を行い、後藤さん解放に全力を尽くしている」と述べた。岸田文雄外相も30日午前の記者会見で、後藤さんの妻と緊密に連絡を取り合っていると説明。日本政府は引き続きヨルダン政府と連携しながら人質解放に向けて情報の収集に努めている。

 ただ、その後の記者会見で菅義偉官房長官は「今まで述べてきた以上の動きはない」と語り、手詰まり感も漂った。29日の期限が過ぎたことで緊張は一段と高まっている。

 ヨルダンのモマニ・メディア担当相は期限後の29日夜(日本時間30日未明)、時事通信の電話取材に対し「(死刑囚は)まだヨルダンの刑務所にいる」と述べ、釈放に応じていないことを確認した。ヨルダン政府は死刑囚釈放には拘束されている空軍パイロットの生存確認が必要と主張する立場を崩していない。

 モマニ氏はまた、後藤さんについて「現段階で何の情報も持ち得ていないが、解放に向けて日本と常に協力している」と述べた。イスラム国が求める「捕虜交換」交渉の行方は依然として不透明な状況だ。

 一方、後藤さんの妻は29日、事件後初めて声明を発表した。イスラム国から「次は健二だ」と後藤さん殺害を警告され、イスラム国のメッセージを世界に発信するよう強要されたことを明らかにした。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013000063&g=pol

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/30-11:40)
 安倍首相、「イスラム国という呼称は、まるで国として存在し、イスラムの代表であるかのごとき印象を与える」として、メディアが呼称について検討するように指摘



 メディアは「イスラム国」と呼ぶのをやめるべきだ-。30日の衆院予算委員会で、日本人人質事件を起こした過激組織「イスラム国」の呼称をめぐり、維新の党の柿沢未途氏がこう提案し、安倍晋三首相も賛同する場面があった。

 首相は「『イスラム国』と言えば、まるで国として存在し、イスラムの代表であるかのごとき印象を与え、イスラムの人々にとって極めて不快な話だ」と指摘。「政府としてはISIL(『イラク・レバントのイスラム国』の英語略称)を使っており、マスメディアも検討される可能性があるのではないか」と述べた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013000429&g=int

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/30-15:44)
 「イスラム国」の呼称をめぐり国内で論争、国際メディアの間でも呼称が混在



 イラクやシリアで勢力を拡大した過激組織「イスラム国(IS)」の呼称をめぐる論争が日本で起きている。この呼び方がイスラム世界を代表した国家であるかのような印象を与えかねないためで、国際メディアの間でも呼称は混在している。

 イスラム国の前身は2006年にできたテロ組織「イラクのイスラム国(ISI)」。その後、内戦が激化したシリアに介入して活動範囲を広げたため、13年にはアラビア語で「ダウラ・アル・イスラミーヤ・フィル・イラク・ワ・シャム」と名乗り始めた。

 シャムは歴史的な大シリアを意味し、英語ではトルコやレバノンなどを含むレバント(地中海東岸地域)と訳された。このため、「イラク・レバントのイスラム国(ISIL)」やレバントの代わりにシャムやシリアの頭文字を取ったISISという表記が見られるようになった。アラビア語圏や専門家の間では、アラビア語の頭文字から「ダーイシュ」と呼ばれる。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラはアラビア語では「タンジーム・ダウラ・イスラミーヤ(イスラム国組織)」と伝え、組織を意味するタンジームという単語を加えている。英語版サイトではISILとの表記が見られる。一方、中東で影響力のあるアルアラビアは、アラビア語版で「ダーイシュ」、英語版でISISを使っている。一方、英BBC放送は「イスラム国」と表記。米紙ニューヨーク・タイムズはISISを使用している。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013000734&g=pol

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/30-22:55)
 日本外務省、シリアに接するトルコ国境地帯を4段階で最も高い退避勧告に引き上げ



 外務省は30日、トルコに関する危険情報を発表し、シリアに接する国境地帯を4段階で最も高い「退避勧告」に引き上げ、渡航を延期するよう求めた。「イスラム国」による日本人人質事件を取材する日本人記者がこの地帯に集まっており、日本人を狙った誘拐やテロなどが起きる恐れがあるとしている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013001116&g=int

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/31-09:34)
 ロシア、イスラム国をテロ組織に指定、ロシア国籍保有者のイスラム国の活動参加に関して調査を開始



 【モスクワ時事】ロシア最高裁は29日、同国当局の申し立てを受け、過激組織「イスラム国」を「テロ組織」に指定した。インタファクス通信が30日伝えた。ロシア当局は、北カフカスのイスラム武装勢力がシリアなどに渡り、イスラム国の戦闘員になっているとみている。

 当局は、イスラム国が昨年9月にプーチン大統領に宛てて「(北カフカス地方を)解放する」と武力闘争を示唆したビデオ声明の捜査に着手。ロシア国籍保有者のイスラム国の活動参加に関する58件についても調べ始めた。

 チェチェン共和国を含む北カフカスでは、過去2度の紛争を経験し、現在もイスラム武装勢力のテロが起きている。武装勢力がイスラム国の影響下に入れば、ロシアの安全保障に直結するため、対応を強化した格好だ。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013100139&g=int

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/31-15:01)
 対テロ有志連合、昨年12月にヨルダン空軍パイロットの救出作戦を実施も失敗していたとされる未確認情報



 米軍主導の有志連合が1月2日、昨年12月にヨルダン空軍機が墜落して過激組織「イスラム国」に拘束された同軍パイロットの救出作戦をシリア北部で実施したが、イスラム国側の反撃に遭い失敗したとの未確認情報が流れている。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラの報道をイスラエル紙エルサレム・ポストなどが引用した。それによると、特殊部隊が乗ったヘリコプター2機がシリア北部ラッカに着陸しようとしたところ、イスラム国戦闘員は激しい対空砲火で応戦、ヘリコプターは退却を余儀なくされたという。

 英紙デーリー・メールも国際ビジネスニュースサイトの情報を転電する形で、反イスラム国活動家の話として、ラッカ中心部から東方約20キロの場所で作戦が実施されたが失敗に終わったと報じた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013100208&g=int

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/31-17:16)
 イスラム過激派、宣伝や戦闘員の獲得でネットを活用する一方、ネット上で身元を隠す動きが広がる、暗号化ソフトやデータ消去方法を熟知



 【パリAFP=時事】イラクやシリアで勢力を拡大した「イスラム国」などのイスラム過激組織が宣伝や戦闘員の獲得でインターネットを活用する一方、当局の通信傍受を避けるため、ネット上で身元を隠す動きが広がっている。

 フェイスブックでは投稿者の位置情報や登録名が公開されることがあり、「足跡」から人物の特定につながる可能性がある。昨年11月、シリアへ行った28歳の男がフランスに帰国後、ネットに掲載した情報に基づいて禁錮7年の判決を受けた。

 当局の取り締まり強化を受け、過激派は「スカイプ」や「WhatsApp」などのメッセージ通信用のアプリケーションを利用し、手口を変えている。フランス司法警察のテロ対策部門責任者は「われわれの調査対象はコンピューターに習熟するようになった。暗号化ソフトやデータ消去方法を熟知している」と説明する。

 この責任者は、過激組織による「闇サイト」の利用も増えていると指摘。また身元の特定を防ぐため、携帯電話を持たず、フェイスブックのアカウントを所持しないといった対策が取られ、捜査の遅れにつながっている。

 昨秋、イスラム国は戦闘員に対し、ツイッターでは場所を明かさず、顔写真はぼかすなどの指示を出した。米シンクタンクのヘリテージ財団による最近の報告で「シリアのイスラム国はコミュニケーション戦略を変えている」と分析した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013100231&g=soc

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/01/31-18:37)
 ヨルダン、イスラム国による揺さぶりも、対テロ有志連合から離脱する気配みせず、事件が結束に与える影響は軽微か



 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」を名乗るグループによる人質事件には、米軍主導の対イスラム国有志連合に参加するヨルダンに揺さぶりを掛ける狙いもあったとみられている。ただ、現時点でヨルダンが有志連合から離脱する動きはなく、事件が結束に与える影響は軽微と言えそうだ。

 イスラム国の人質となった空軍パイロットのモアズ・カサスベ中尉(26)は昨年12月下旬、イスラム国が支配するシリア北部ラッカ近郊に戦闘機が墜落し、イスラム国に身柄を拘束された。

 イスラム国はこれまで、カサスベ中尉の安否を明らかにしないまま、繰り返し殺害を警告。背景には、ヨルダンで「対イスラム国軍事作戦から離脱すべきだ」との世論を高め、有志連合の連帯にくさびを打ち込みたいとの思惑もあったようだ。

 しかし、有志連合を離脱したところでヨルダンが過激派の標的とならない保証はなく、むしろ「弱腰」につけ込んで、テロ組織側がさらなる要求を突き付けてくる可能性も否定できない。

 パレスチナ人が人口の7割以上を占めるヨルダンでは、中東和平問題で「イスラエル寄り」の対応を取る米国への反感が民衆レベルで根強い。ただ、地域情勢を混乱させるテロへの反発も強く、政府の姿勢に対する理解も広がっている。

 ヨルダンの元治安当局高官は30日、「政府はヨルダンの安全を守る必要があり、有志連合を離脱することはない」と明言。「何よりも必要なのは、(イスラム国を)打ち負かすことだ」と述べ、「対テロ戦」継続への強い決意を示した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013100252&g=pol

【続報】 【イスラム国日本人拘束事件】 (2015/02/01-00:02)
 イスラム国、シリアで活動していたヨルダンのスパイとされる男性を殺害する映像を投稿



 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」を名乗るグループによる後藤健二さん(47)らの人質事件は31日、イスラム国が後藤さんの解放条件とするイラク人女死刑囚釈放の期限としたイラク時間29日の日没(日本時間29日深夜)から2日が経過した。イスラム国側から新たな声明は出されずに動きが途絶え、こう着した状況が続いている。日本政府高官は31日午後、事件の状況について「進展はない」と述べた。

 こうした中、イスラム国が「シリアで活動していたヨルダンのスパイ」を殺害したとする映像がインターネット上で拡散。殺害されたのは男性で、シリア反体制派「自由シリア軍」所属のシリア人とされる。人質事件がこう着する中、ヨルダン政府に新たな揺さぶりを掛けることを狙った可能性もある。

 岸田文雄外相は31日夜、外務省で記者団に「(殺害映像に関する)報道は承知している。映像の真偽の分析もしている。関連情報を収集したい」と語った。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015013100298&g=pol

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL