福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生、福島、茨城、栃木各県で震度5弱の揺れを観測、広範囲に津波、仙台港で1.4メートル




【2016/11/23最新】 【主報】 (2016/11/22-13:08)
 福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生、福島、茨城、栃木各県で震度5弱の揺れを観測、広範囲に津波、仙台港で1.4メートル



 22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、福島、茨城、栃木各県で震度5弱の揺れを観測した。気象庁は福島県と宮城県の太平洋側沿岸に津波警報を、青森県から伊豆諸島にかけては津波注意報を発令。同6時49分に福島県いわき市小名浜で60センチ、同7時6分に相馬で90センチ、同8時3分に仙台港で1メートル40センチなど、岩手県から東京・八丈島にわたる広い範囲で津波を観測した。同庁によると、震源の深さは約25キロ。地震の規模(マグニチュード=M)は7.4と推定される。

 政府は首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。青森県から千葉県にかけての太平洋側沿岸の自治体は、住民に避難指示を出した。総務省消防庁などによると、千葉県で女性(82)が自宅の階段から転落して脚を骨折する重傷を負ったほか3カ月の男児が顔を打撲するなど、4人が負傷。福島県で5人、仙台市で2人、東京都でも2人がけがをした。いわき市の石油コンビナート地区では火災が発生したが、間もなく鎮火した。

 海上保安庁によると、宮城県内の漁港などで小型ボート16隻が転覆。人的被害は確認されていない。

 気象庁の中村浩二地震情報企画官は記者会見し、「今回の地震は東日本大震災の余震域で起きた。今後1週間は同じ最大震度5弱程度の地震に注意が必要」と述べた。東日本大震災の本震(M9.0)は陸と海のプレート境界で起きたが、今回の地震はそれより浅い陸のプレート内部で起きた正断層型だった。仙台港で観測した津波の高さは、東日本大震災後最大。

 東京電力によると、午前6時10分ごろ、福島第2原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却装置が停止したが、同7時47分に再開した。同6時半すぎには福島第1、第2原発でそれぞれ高さ1メートルの津波を観測した。東北電力と日本原子力発電によると、停止中の女川原発(宮城県)と東海第2原発(茨城県)、廃炉中の東海原発(同)で異常は確認されていない。

 JR東日本によると、東北、上越、北陸、山形の各新幹線が一時運転を見合わせた。国土交通省によると、仙台空港は滑走路に被害はないが、乗客や職員が一時避難。全日空と日本航空によると、この影響で同空港発着便など計26便が欠航した。

 津波警報、注意報は午後0時50分までに全て解除された。主な各地の震度は次の通り。

 震度5弱=福島県白河市、須賀川市、いわき市、茨城県高萩市、栃木県大田原市
 震度4=福島市、水戸市、宇都宮市、仙台市、秋田市、山形県米沢市、群馬県渋川市、埼玉県春日部市、千葉市、新潟県見附市
 震度3=福島県塙町、茨城県牛久市、栃木県栃木市、宮城県気仙沼市、秋田県大仙市、山形市、前橋市、さいたま市、千葉県銚子市、新潟市、青森県八戸市、盛岡市、東京都千代田区、横浜市、甲府市、長野県諏訪市、静岡県富士市。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112200062&g=keq















0780_Fukushima_jishin_20161122_o_04.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/11/22報 福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生






















































































































































































»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL