新潟知事選、野党3党が推薦の米山隆一氏が当選、柏崎刈羽原発の再稼働に反対、自民公明両党は鹿児島県知事選に続き、原発立地県で敗北




【2016/10/17最新】 【主報】 (2016/10/17-00:57)
 新潟知事選、野党3党が推薦の米山隆一氏が当選、柏崎刈羽原発の再稼働に反対、自民公明両党は鹿児島県知事選に続き、原発立地県で敗北



 任期満了に伴う新潟県知事選は16日投開票され、無所属新人で共産、自由、社民3党推薦の医師米山隆一氏(49)が、前同県長岡市長の森民夫氏(67)=自民、公明推薦=ら無所属新人3人を破り、初当選を果たした。米山氏は東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働に反対しており、影響は必至だ。投票率は53.05%で前回を9.1ポイント上回った。

 米山氏と森氏の得票差は6万票余り。自公両党は鹿児島県知事選に続き、原発立地県で手痛い敗北を喫した。安倍政権は再稼働の方針は堅持するものの難しいかじ取りを迫られそうだ。

 新人知事の誕生は、泉田裕彦知事が初当選した2004年以来、12年ぶり。選挙戦は米山氏と森氏の事実上の一騎打ちとなり、柏崎刈羽原発の再稼働問題が最大の争点だった。

 同原発は6、7号機が、原子力規制委員会の安全審査中だ。来年には結論が出るとみられており、再稼働には地元知事の同意が必須。米山氏は「東電福島第1原発事故の検証と総括なしに再稼働の議論はできない」とする泉田県政の路線継承をアピールし、現状での再稼働反対を訴えた。

 選挙戦は野党3党の推薦に加え、接戦が伝えられると、自主投票を決めた民進党も蓮舫代表が新潟入りするなど、同党国会議員や県議の多くが応援に加わった。

 米山氏は16日夜、新潟市の事務所で「原発再稼働の話がきっとすぐに来るが、約束通り現状で認めることはできない」と語った。

 一方、森氏は豊富な行政経験や政府とのパイプの太さを強調。再稼働について、選挙戦中盤になって「問題があれば国、東電に反対と言う覚悟がある」と訴えた。自公両党は組織戦を展開して自民党の二階俊博幹事長らを応援に投入し、県内自治体の多くの首長も支援に入ったが、及ばなかった。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101700003&g=pol















0770_Niigata_chiji_senkyo_Yoneyama_Ryuuichi_161017_d_03.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/10/17報 新潟県知事選 米山氏が当選










































»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL