民進党代表選挙、蓮舫氏を代表に選出、旧民主党時代を含め、女性が党首に就くのは初、台湾籍との「二重国籍」問題が発覚も大差で勝利




【2016/10/16最新】 【主報】 (2016/09/15-18:07)
 民進党代表選挙、蓮舫氏を代表に選出、旧民主党時代を含め、女性が党首に就くのは初、台湾籍との「二重国籍」問題が発覚も大差で勝利



 民進党は15日、臨時党大会を東京都内のホテルで開き、蓮舫代表代行(48)を新たな代表に選出した。旧民主党時代を含め、女性が党首に就くのは初めて。蓮舫氏は選出後のあいさつで、「重責をしっかり受け止め、(政権与党として)選んでもらえる政党に立て直していく先頭に立ちたい」と述べ、低迷が続く党勢回復に決意を表明した。

 蓮舫氏の任期は2019年9月末までの3年間。野党第1党として、次期衆院選など国政選挙での野党共闘にどう臨むかが焦点となる。

 蓮舫氏は速やかに新幹事長を決め、16日午後の両院議員総会で承認を得たい考え。党大会後の記者会見で「まだ白紙だ。誰が適任かしっかり考えたい」と述べた。幹事長には枝野幸男氏の再任や安住淳国対委員長の起用が取り沙汰されている。新執行部は26日召集の臨時国会や、10月11日告示、23日投開票の衆院東京10区、福岡6区両補欠選挙への対応に当たる。

 代表選は蓮舫氏と前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)の3氏で争われた。当初は次期衆院選での共産党との共闘の是非や憲法改正などが争点に挙がったが、3氏とも党内の幅広い支持獲得を優先したため論戦は深まらなかった。蓮舫氏は台湾籍との「二重国籍」問題が発覚、批判を招いた。ただ、高い知名度を武器に国会議員票、地方票とも支持を集め、前原氏らを大差で破った。

 投票結果は、党独自の換算によるポイント数で蓮舫氏503、前原氏230、玉木氏116。蓮舫氏が総計849ポイントの過半数を1回目の投票で獲得し、当選を決めた。

 代表選の実施は、今年3月に旧民主、旧維新両党が合流して民進党が発足してから初めて。初代代表の岡田克也氏の任期満了に伴い、国会議員に加えて国政選挙の公認候補予定者や地方議員、党員・サポーターが参加して行われた。

◇蓮舫氏略歴
 蓮舫氏(れんほう)青山学院大法卒。行政刷新担当相、首相補佐官、党代表代行。参院東京選挙区、当選3回。48歳。(野田グループ)

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091500533&g=pol

















 16/07/30報 岡田代表の不出馬宣言
























 16/08/05報 蓮舫氏の出馬表明












 16/08/09報 細野氏の不出馬表明














 16/08/26報 前原氏の出馬表明












 16/09/02報 玉木氏の出馬表明
















 16/09/07報 蓮舫氏の二重国籍疑惑が判明




















 16/09/13報 蓮舫氏の二重国籍が確定












 16/09/13報 蓮舫氏の二重国籍が確定






















































 16/09/15報 蓮舫氏が民進党代表に選出












 16/09/15報 野田元首相が幹事長に就任
















 16/09/23報 台湾籍の離脱完了を発表








 16/09/27報 維新の党 二重国籍禁止法案を提出




 16/10/16報 蓮舫代表 日本国籍選択を宣言












»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL