北朝鮮が5回目の核実験を実施、核弾頭の爆発に成功したと発表、爆発の威力は10キロトンで過去最大、「核ミサイル」の脅威が現実に近づく




【2016/09/27最新】 【主報】 (2016/09/09-13:58)
 北朝鮮が5回目の核実験を実施、核弾頭の爆発に成功したと発表、爆発の威力は10キロトンで過去最大、「核ミサイル」の脅威が現実に近づく



 【ソウル時事】北朝鮮の国営朝鮮中央テレビは9日、核弾頭の威力を判定する核爆発実験が成功したと報じた。これに先立ち韓国軍は、北朝鮮の核実験場がある北東部の豊渓里付近で日本時間同日午前9時半ごろ、人工地震波を検知したと明らかにしていた。日本の気象庁によれば、地震の規模はマグニチュード(M)5.3、震源の深さはゼロ。韓国の朴槿恵大統領は「北朝鮮が追加核実験を実施した」と述べた。韓国国防省当局者によると、爆発の威力は10キロトン程度で、これまでで最大規模という。

 北朝鮮の核実験は、今年1月6日に「水爆」と主張する実験を実施して以来、5回目となる。朴大統領は、専用機で訪問先のラオスから帰任する途中だったオバマ米大統領と緊急電話会談し、新たな国連安全保障理事会の決議採択を含め、あらゆる手段で北朝鮮を圧迫していくことで一致した。

 安倍晋三首相も「核実験なら断じて許容できない。強く抗議しなければならない」と表明。岸田文雄外相は「国連の場で強いメッセージを発出しなければならない」と強調した。日米韓は安保理に緊急会合の開催を求める方針。北朝鮮への追加制裁を目指す日米韓に対し、北朝鮮の友好国である中国がどういう態度を示すかが焦点になりそうだ。

 核実験により北朝鮮の核爆弾の小型化が一層進めば、弾頭に核を搭載した「核ミサイル」の脅威が現実化しかねない。北朝鮮には、米次期政権をにらみ、「核保有国」の地位を既成事実化させるとともに、9日の建国68周年に合わせ、国威発揚を図る狙いもあるとみられる。北朝鮮による度重なる弾道ミサイル発射で悪化している朝鮮半島情勢は、一段と緊迫した局面を迎えた。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090900197&g=prk
 

















 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/09/09報 北朝鮮が核実験の成功を発表


















 16/09/13報 米軍が韓国に戦略爆撃機を配備












 16/09/20報 新型ロケットエンジンの開発に成功か














 16/09/27報 米政府、中国企業に制裁














»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL