ファミリーマートとユニーが経営統合、店舗数はセブン-イレブンに次ぐ国内2位に、「サークルK」と「サンクス」は2019年2月までに「ファミリーマート」に転換、ブランドを統一




【2016/09/01最新】 【主報】 (2016/09/01-12:28)
 ファミリーマートとユニーが経営統合、店舗数はセブン-イレブンに次ぐ国内2位に、「サークルK」と「サンクス」は2019年2月までに「ファミリーマート」に転換、ブランドを統一



 ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが1日、経営統合し、ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)が発足した。コンビニエンスストアの店舗数は、セブン-イレブン・ジャパンに次ぐ国内2位。系列コンビニ店は、ユニー系の「サークルK」と「サンクス」を約2年半後の2019年2月までに「ファミリーマート」に転換、ブランドを統一する。

 ユニー・ファミマHD傘下のコンビニは、現在1万8000店強。今後はファミマ店の新規出店を進める一方、ユニー系の約6250店のうち不採算の約1000店を整理する。

 東京都中央区にあるサークルKからの転換1号店「ファミリーマート晴海センタービル店」では1日、同日就任した沢田貴司ファミリーマート社長らが出席し、開店セレモニーが行われた。沢田社長は「店舗数だけでなく品質を上げてお客さまの期待に応えていきたい」とあいさつした。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090100043&g=eco














0749_Familymat_Circle_K_Sunkus_20160901_top_a_02.jpg
















 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2015/03/06報 








 2016/03/10報 






 2016/03/19報 






 2015/08/27報 






 2015/10/10報 






 2015/10/16報 






 2016/02/03報 






 2016/08/10報 






 2016/09/01報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL