ギリシャ総選挙、サマラス政権の緊縮財政への反対を掲げた最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が149議席前後を占め、第1党に


0074_Greece_sousenkyo_yatou_SYRIZA_syouri_201501_01.jpg

0074_Greece_sousenkyo_yatou_SYRIZA_syouri_201501_02.jpg

0074_Greece_sousenkyo_yatou_SYRIZA_syouri_201501_03.jpg

0074_Greece_sousenkyo_yatou_SYRIZA_syouri_201501_04.jpg

【主報】 (2015/01/26-15:39)
 ギリシャ総選挙、サマラス政権の緊縮財政への反対を掲げた最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が149議席前後を占め、第1党に



 【アテネ時事】25日投開票のギリシャ総選挙(定数300)は、26日未明までの開票の結果、サマラス政権の緊縮財政への反対を掲げた最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が149議席前後を占め、第1党となった。与党・新民主主義党(ND)は76議席前後と大きく離され、政権交代が確実な情勢。現政権の緊縮政策に不満を募らす国民が野党にかじ取りを委ねた結果となった。

 SYRIZAは単独過半数に僅差で届かず、政権樹立に向けて他政党との連立が必要となりそうだ。パートナーとしては中道左派政党ポタミや保守政党の独立ギリシャ人党が取り沙汰される。

 SYRIZAのツィプラス党首は「国民は緊縮策の撤回をわれわれに課した。緊縮は過去のものとなった」と勝利宣言し、債務減免に向けて欧州連合(EU)との交渉に取り組む意向を強調した。一方、NDを率いたサマラス首相は「EUとユーロ圏の一部として、国を次の政権に渡す」と敗北を認めた。

 SYRIZAが次期政権の主導権を握り、EUに対し強硬姿勢を貫いた場合、ギリシャのユーロ離脱や資金不足に伴う政府閉鎖などの事態が現実味を帯びる。EU主要国などはギリシャが再び世界経済の波乱要因となる事態を警戒している。

 内務省が発表した開票率96.5%時点での各党の得票率は、SYRIZAが36.4%で、NDは27.8%。3位は6.3%の極右・黄金の夜明け党、4位は6.1%のポタミ。独立ギリシャ人党は4.7%だった。

 選挙は第1党に50議席の「ボーナス」を与える仕組みのため、得票率に比べ1位と2位の議席数の差が大きくなる。

 ギリシャでは2009年末に巨額の債務隠しが発覚し、欧州債務危機の震源地となった。10年以降、EUなどから金融支援を受けて国家破綻を回避したものの、条件として増税や年金減額といった厳しい緊縮策が課され、国民が不満を強めていた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012600019&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/10-05:49)
 大統領選を前倒しして実施すること決定、大統領選で与党候補が拒否されれば緊縮財政が行き詰まると懸念



 【パリ時事】ギリシャ政府は8日、2015年2月に予定されていた議会での大統領選を、今月17日に前倒し実施することを決めた。これを受けて、大統領選で与党候補が拒否されれば緊縮財政が行き詰まるとの懸念が浮上。9日はギリシャ国債が売られ、10年物利回りが8%超に上昇。同国株価指数が約13%の記録的な下落を演じるなど動揺が広がった。

 サマラス首相率いる現政権は財政再建の遅れを背景に求心力が低下。大統領選を通じて議会の信認を問い直し、主導権を取り戻すことを目指している。しかし、議会では緊縮路線の撤回を求める野党が台頭。与党候補の選出に失敗すれば解散総選挙に追い込まれ、政権の維持が危うくなる。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014121000053&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/15-18:48)
 大統領選出に向けた投票、与党候補が3回否決されれば議会は解散、総選挙へ



 【パリ時事】ギリシャ議会で17日、大統領選出に向けた1回目の投票が行われる。サマラス首相率いる連立与党はディマス元欧州委員(73)を推し、野党はこれを拒否する構え。計3回の投票全てで否決されれば議会は解散され、2015年1月にも総選挙が行われる。結果次第ではギリシャ信用不安が再燃しかねず、金融市場も動向を注視している。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014121501195&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/18-06:26)
 大統領選出投票、1回目の投票、候補者は信任得られず



 【パリ時事】ギリシャ議会は17日、大統領選出に向けた最大3回のうちの第1回投票を行い、サマラス首相率いる新民主主義党(ND)などの与党が推したディマス元欧州委員(73)を拒否した。採決結果は300議席のうち賛成票は160と当選条件の200に遠く及ばず、首相が解散総選挙に追い込まれる可能性が高まった。現政権の緊縮財政方針にも黄信号がともっている。

 賛成票以外の内訳は反対135、棄権5だった。与党の議席は155しかなく、大統領選では24人の無所属議員を含め野党をどこまで切り崩せるかが焦点。与党側は今後の多数派工作を通じた逆転に望みをつなげるため、17日の投票で165以上の賛成獲得を目指したとされるが、実際はわずか5票の上積みにとどまった。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014121800051&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/23-21:58)
 大統領選出投票、2回目の投票、候補者は信任得られず



 【パリ時事】ギリシャ議会(定数300)は23日、新大統領選出に向けた2回目の投票を行った。しかし、与党が推したスタブロス・ディマス元欧州委員(73)は当選に必要な200票を大幅に下回る168票しか獲得できず、信任されなかった。賛成票以外の内訳は反対131、棄権1だった。

 29日に予定される第3回投票は当選条件を180票に引き下げて実施。ここでも大統領選出に失敗すれば憲法の規定により議会が解散され、来年1月にも総選挙が行われる。緊縮財政路線の行方は不透明さを増し、金融市場の混乱につながる可能性もある。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122300242&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/29-21:04)
 大統領選出投票、3回目の投票、候補者は信任得られず、議会の解散が決定、総選挙へ



 【パリ時事】ギリシャ議会(定数300)は29日、新大統領選出に向けた3回目の投票を行い、サマラス首相率いる与党が推したスタブロス・ディマス元欧州委員(73)は野党の反対で信任を得られなかった。この結果、憲法の規定により議会は解散され、来年1月にも解散総選挙が実施される。現行の緊縮財政方針への反対を掲げて野党が勢いを増す中、与党が政権を維持できるかは微妙な情勢となった。

 ギリシャは2010年に本格化した経済危機で世界の金融市場を揺るがしており、世界の投資家は投票結果を注視した。与党候補不信任の情報が伝わると、ギリシャの株価指数が一時前日比10%超の急落を演じるなど波紋が広がった。サマラス首相は総選挙の投票日を来年1月25日とする方向で政権幹部と協議する。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122900529&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/30-00:00)
 欧州連合(EU)、ギリシャ国民に現在進めている改革の継続を呼び掛ける声明



 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会のモスコビシ委員(経済・財務・税制担当)は29日、ギリシャで来年1月にも総選挙が実施されることになったことを受けて声明を発表、ギリシャ国民に対し、現在進めている改革の継続が必要だと呼び掛けた。

 ギリシャの野党、急進左派連合(SYRIZA)などは、EUや国際通貨基金(IMF)の支援条件となっている改革や緊縮財政に反発している。モスコビシ委員の声明は、改革継続を主張する現政権を支持する狙いがあるとみられる。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014122900584&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/30-07:04)
 サマラス政権の緊縮財政に異議を唱える野党が国民の支持獲得で先行、選挙結果はギリシャに対する欧州連合(EU)などの金融支援を左右



 【パリ時事】ギリシャ議会が29日の投票で新大統領の選出に失敗し、来年1月25日に解散総選挙が行われることが固まった。サマラス政権の緊縮財政に異議を唱える野党が国民の支持獲得で先行しており、与党が苦戦する可能性もある。選挙結果はギリシャに対する欧州連合(EU)などの金融支援をめぐる交渉の行方も左右し、市場関係者の注目も集めそうだ。

 欧州メディアが報じた今月27日の世論調査によると、支持率は反緊縮派の筆頭格である最大野党、急進左派連合が28.3%と首位に立ち、与党第1党の新民主主義党(ND)は25%と劣勢だ。議会選は比例代表制で、得票率が一番高い政党に50議席を上乗せする仕組み。急進左派連合が僅差でも1位になれば、その後の連立工作で中核的な立場を占めることができる。

 ギリシャは、金融支援の条件としてEUなどから増税や公務員削減を課されており、急進左派連合のツィプラス党首は政権獲得後の再交渉を通じてこうした緊縮財政からの脱却を目指す構え。ツィプラス氏は29日の投票結果を受けて「国民は緊縮策に終止符を打つ意向を示した。歴史的な一日だ」と支持拡大に自信を示した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014123000055&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2014/12/31-18:59)
 総選挙の実施日、1月25日に正式決定



 【パリ時事】ギリシャ議会が31日、解散され、2015年1月25日に総選挙が行われることが正式に決まった。

 ギリシャ議会は、29日の投票で新大統領の選出に失敗したのを受け、憲法の規定により解散された。国内では政府が進めてきた緊縮財政への不満が高まっており、サマラス首相率いる与党が政権を維持できるかは不透明な情勢だ。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014123100180&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/04-09:16)
 ドイツ政府、ギリシャのユーロ圏離脱に対応できるとの見解



 【ベルリン時事】ドイツ誌シュピーゲル(電子版)は3日、政府筋の話として、ユーロ圏諸国は必要となれば、ギリシャのユーロ圏離脱に「対応できる」との政府見解を報じた。今月25日のギリシャ総選挙に向け、現行の緊縮財政方針に反対する野党が勢いを増しており、ユーロ圏としてギリシャの改革後退は容認できないとの姿勢を示した形だ。

 政府筋は、メルケル首相とショイブレ財務相は欧州債務危機以降、ユーロ圏が十分な改革を進めてきたとの認識を持っていると指摘。「ポルトガルもアイルランドも立ち直ったと見なされており、(ギリシャの混乱が)他国に波及する恐れは限定的だ」と述べた。

 ギリシャ総選挙では、反緊縮派の最大野党、急進左派連合が支持率で首位と報じられており、政権を獲得すれば、現状の緊縮財政から脱却したい考え。ツィプラス党首はユーロ圏諸国に対し、大幅な債務削減を求める方針も表明している。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010400025&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/05-20:06)
 仏大統領「ギリシャの運命を決めるのはギリシャ自身」



 【パリ時事】フランスのオランド大統領は5日、同国ラジオで、緊縮財政の撤回やユーロ圏からの離脱が取り沙汰されているギリシャについて、「ギリシャの運命を決めるのはギリシャ自身だ」と述べた。独有力誌シュピーゲル(電子版)は3日、独政府筋の話として、欧州諸国はギリシャのユーロ圏離脱に「対応できる」との政府見解を報じていた。

 25日に実施予定のギリシャ総選挙では、緊縮反対を掲げる最大野党の急進左派連合が優勢とされる。同党のツィプラス党首は、政権を獲得すれば欧州諸国に大規模な債務削減を求める意向を示しているが、オランド大統領は「これまでの約束は順守しなければならない」と強調した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010500890&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/11-09:27)
 ギリシャ世論調査、急進左派連合(SYRIZA)、与党・新民主主義党(ND)を抑えて支持率首位を維持



 ギリシャからの報道によると、2週間後の総選挙に向けた世論調査の結果が10日、相次ぎ公表され、最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が与党・新民主主義党(ND)を抑えて支持率首位を維持した。総選挙で緊縮策撤回を訴えるSYRIZAが最大勢力となり、欧州経済を揺さぶる懸念が深まっている。

 ギリシャ紙アゴラ(電子版)掲載のMRB社の調査では、政党支持率に浮動票を加えた推計で、選挙での予想得票率はSYRIZAが33.7%、NDが30.1%。第1党には自動的に50議席が上乗せされる制度のため、SYRIZAは定数300の過半数に迫る143議席に達する計算だ。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015011100027&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/12-06:33)
 急進左派連合(SYRIZA)党首、野党が勝利した場合でも「ギリシャのユーロ圏離脱はあり得ない」と強調



 【アテネAFP=時事】ギリシャの最大野党・急進左派連合(SYRIZA)のツィプラス党首は、11日付のリアルニューズ紙掲載のインタビューで、25日の総選挙で野党が勝利した場合でも、「ギリシャのユーロ圏離脱はあり得ない」と強調した。

 野党が勝利すれば、ギリシャがユーロを離脱しかねないとして、世界各地の金融市場は動揺している。ツィプラス党首は、ユーロ圏離脱という考えは「大げさに騒ぎ立てられているにすぎない」と批判。「こんなことを言っているのはサマラス(首相)だけだ」と火消しに努めた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015011200024&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/13-17:22)
 ユーロ圏財務相会合議長、総選挙の結果次第でギリシャがユーロ圏を離脱する恐れがあるとの観測について、明確に否定



 来日したユーロ圏財務相会合のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は13日、ギリシャで25日に行われる総選挙の結果次第では同国がユーロ圏を離脱する恐れがあるとの観測について、「そうしたことは起きない」と明確に否定した。都内で時事通信などに語った。

 選挙では、中道右派のサマラス政権が主導してきた財政緊縮策や増税、公務員リストラに反発する国民の支持を集めている急進左派連合(SYRIZA)の勝利が濃厚。SYRIZAのツィプラス党首は緊縮策の放棄などを主張し、ユーロ圏と真っ向から対立する可能性が高い。

 これに関しデイセルブルム議長は、ギリシャ市民の判断が示される選挙結果を尊重すると表明。「だれがギリシャ新政権を取ったとしても、話し合いに応じる用意がある」と述べ、新政権の要求に耳を傾ける姿勢を強調した。

 また、債務危機に陥ったギリシャがユーロ圏から受けた支援融資の返済をめぐり、「必要なら(負担軽減の)追加策を提供する用意がある」と説明。ギリシャ国民の間で緊縮策への不満が渦巻いていることを念頭に、ユーロ圏側に一定の譲歩があり得ると示唆した。

 ただ議長は「ユーロ圏はこれまでギリシャに多くの支援を講じたことを理解すべきだ」とも指摘。ギリシャはいったん緊縮策などを受け入れた以上、約束を守る必要があると改めてクギを刺した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015011300711&g=int

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/19-22:20)
 仏財務相、「ギリシャは将来もユーロ圏にとどまる」と述べ、総選挙の結果次第でギリシャがユーロ圏を離脱する恐れがあるとの観測を否定



 フランスのサパン財務相は19日、東京都内で記者会見し、「ギリシャは将来もユーロ圏にとどまる」と述べ、25日投票の総選挙の結果次第では同国がユーロ圏を離脱する恐れがあるとの一部観測を否定した。

 一方で、「ギリシャは他のユーロ圏諸国や欧州連合(EU)との約束を尊重しなければならない」と強調。同国への金融支援の条件である財政緊縮策の着実な実行を求めた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015011900882&g=pol

【前報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/24-14:52)
 単独過半数を獲得する政党はない情勢、選挙後に各党間の連立協議が行われる公算、小規模政党が鍵か



 【アテネ時事】欧州債務危機の震源地となったギリシャで25日、緊縮財政政策の是非を争点に総選挙の投票が行われる。最近の世論調査によると、単独過半数を獲得する政党はない情勢で、選挙後に各党間の連立協議が行われる公算が大きい。主要政党に得票数で劣る小規模政党が、存在感を増し、政権の枠組みを決める「キングメーカー」となる事態も予想されている。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012400173&g=int

【続報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/26-15:39)
 サマラス政権の緊縮財政への反対を掲げた最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が149議席前後を獲得し第1党に、単独過半数には僅差で届かず



 【アテネ時事】25日投開票のギリシャ総選挙(定数300)は、26日未明までの開票の結果、サマラス政権の緊縮財政への反対を掲げた最大野党・急進左派連合(SYRIZA)が149議席前後を占め、第1党となった。与党・新民主主義党(ND)は76議席前後と大きく離され、政権交代が確実な情勢。現政権の緊縮政策に不満を募らす国民が野党にかじ取りを委ねた結果となった。

 SYRIZAは単独過半数に僅差で届かず、政権樹立に向けて他政党との連立が必要となりそうだ。パートナーとしては中道左派政党ポタミや保守政党の独立ギリシャ人党が取り沙汰される。

 SYRIZAのツィプラス党首は「国民は緊縮策の撤回をわれわれに課した。緊縮は過去のものとなった」と勝利宣言し、債務減免に向けて欧州連合(EU)との交渉に取り組む意向を強調した。一方、NDを率いたサマラス首相は「EUとユーロ圏の一部として、国を次の政権に渡す」と敗北を認めた。

 SYRIZAが次期政権の主導権を握り、EUに対し強硬姿勢を貫いた場合、ギリシャのユーロ離脱や資金不足に伴う政府閉鎖などの事態が現実味を帯びる。EU主要国などはギリシャが再び世界経済の波乱要因となる事態を警戒している。

 内務省が発表した開票率96.5%時点での各党の得票率は、SYRIZAが36.4%で、NDは27.8%。3位は6.3%の極右・黄金の夜明け党、4位は6.1%のポタミ。独立ギリシャ人党は4.7%だった。

 選挙は第1党に50議席の「ボーナス」を与える仕組みのため、得票率に比べ1位と2位の議席数の差が大きくなる。

 ギリシャでは2009年末に巨額の債務隠しが発覚し、欧州債務危機の震源地となった。10年以降、EUなどから金融支援を受けて国家破綻を回避したものの、条件として増税や年金減額といった厳しい緊縮策が課され、国民が不満を強めていた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012600019&g=int

【続報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/27-00:29)
 急進左派連合(SYRIZA)のツィプラス党首、ギリシャの新首相に就任、反緊縮を旗印とする新政権の誕生はユーロ圏で初



 【アテネ時事】25日に投開票されたギリシャ総選挙で第1党となった急進左派連合(SYRIZA)のツィプラス党首は26日、保守政党・独立ギリシャ人党のカメノス党首と会談し、連立政権樹立で合意した。ツィプラス氏は同日、新首相に就任。総選挙で欧州連合(EU)などが求める緊縮財政に対する国民の強い不満が示されたことを受け、ユーロ圏で初めてとなる「反緊縮」を旗印とする新政権が誕生する。

 ツィプラス氏との会談後、カメノス氏は「この瞬間からギリシャには政府が存在する。わが党は『ツィプラス首相』を信任する」と述べ、SYRIZA主導の次期政権を支持する意向を表明した。ロイター通信によると、新政権の閣僚名簿は27日に発表される見通し。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012600725&g=int

【続報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/27-07:10)
 欧州連合(EU)ユーロ圏財務相会合議長、ギリシャの債務問題について「総選挙で一夜で消えたわけではない」と延べ、選挙に勝利した急進左派連合(SYRIZA)をけん制



 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)ユーロ圏財務相会合のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は26日、ブリュッセルでの同会合後に会見し、ギリシャの債務問題について「(総選挙によって)一夜で消えたわけではない」と述べ、債務減免の要求を掲げて選挙に勝利した急進左派連合(SYRIZA)をけん制した。

 この日の会合では、ギリシャの債務問題への対応が協議された。同議長は今後の対応について、「(新政権の)姿勢を見極める必要がある」と、慎重な言い回しに終始した。ただ、議長は会合前、SYRIZAが求めている債務減免に関し、「欧州内での支持はほとんどない」と述べた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012700096&g=int

【続報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/27-07:11)
 国際通貨基金(IMF)専務理事、「ギリシャを特別扱いすることはできない」と明言



 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は26日、ギリシャ総選挙を受けて声明を出し、「ギリシャを引き続き支援する用意があり、新政権と協議する」と表明した。

 ただ、総選挙で勝利した急進左派連合(SYRIZA)は、IMFや欧州連合(EU)が求める緊縮財政に反対を表明している。専務理事は26日付の仏紙ルモンドで、「(ギリシャを)特別扱いすることはできない」と明言しており、支援の前提となる財政健全化措置などをめぐって摩擦も予想される。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012700098&g=int

【続報】 【ギリシャ総選挙】 (2015/01/27-08:44)
 経済学者トマ・ピケティ氏、ギリシャ総選挙の緊縮財政反対派の急進左派連合(SYRIZA)への支持を表明



 【パリ時事】世界的なベストセラー「21世紀の資本」の著者であるフランスの経済学者、トマ・ピケティ氏が26日、仏ラジオに出演し、ギリシャ総選挙で第1党となった緊縮財政反対派の急進左派連合(SYRIZA)への支持を表明した。

 ピケティ氏は、2012年の同国総選挙で緊縮財政を推進した右派の新民主主義党(ND)が勝利したことを念頭に、「今回の選挙のような激しい変化が12年に起こってしかるべきだった」と指摘。また、欧州連合(EU)などが支援の条件としてギリシャに課した財政赤字削減策について、「悲惨だった」と語り、行き過ぎだったとの見解を示した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012700150&g=int

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL