元横綱、千代の富士(九重親方)が膵臓がんのため61歳で死去、1970年に初土俵、81年の名古屋場所の優勝で58人目の横綱に、89年には相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞




【2016/08/07最新】 【主報】 (2016/07/31-22:52)
 元横綱、千代の富士(九重親方)が膵臓がんのため61歳で死去、1970年に初土俵、81年の名古屋場所の優勝で58人目の横綱に、89年には相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞



 大相撲で31度の優勝を遂げ、「ウルフ」の愛称で国民的な人気を集めた元横綱千代の富士の九重親方(本名秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日午後5時11分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の病院で死去した。61歳だった。昨年9月に、がんの手術を受けたことを明らかにしていた。葬儀は7日正午から東京都墨田区石原4の22の4の九重部屋で。喪主は妻久美子(くみこ)さん。

 北海道福島町出身。元横綱千代の山が師匠の九重部屋に入門し、1970年秋場所で初土俵を踏んだ。74年九州場所で新十両、翌年秋場所で新入幕を果たした。

 新入幕時で100キロそこそこの軽量ながら、中学時代は陸上競技でも活躍した身体能力を生かして出世。しかし、強引な投げに頼る取り口が災いし、肩を脱臼するなど低迷した時期もあった。筋力強化を図りながら、相撲を前まわしを引いて出るスタイルに改めてけがを克服。81年初場所、優勝決定戦で北の湖を破って初優勝を果たし、大関昇進を決めた。

 引き締まった筋肉質の体に精悍(せいかん)な顔立ち。卓越したスピード相撲に加え、当意即妙のコメントも人気に拍車をかけ、「ウルフフィーバー」を巻き起こした。81年名古屋場所で2度目の優勝を遂げ、場所後に58人目の横綱に昇進した。

 北の湖の引退後、30代に入って絶頂期を迎え、86年夏場所から5場所連続優勝。88年夏場所7日目からは、双葉山の69連勝に次いで昭和以降で当時2番目の長さとなる53連勝をマークした。九州場所は特に強く、81年から8連覇。89年には相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した。91年夏場所、初日に貴花田(のち横綱貴乃花)に金星を与えると、3日目の取組後に現役引退を表明した。

 優勝回数は白鵬の37、大鵬の32に続く歴代3位。通算1045勝(437敗159休)は魁皇に次ぐ2位、幕内807勝は3位。横綱在位59場所は、北の湖の63場所に次ぐ2位の記録を残した。

 親方としては九重部屋を継承し、大関千代大海(現佐ノ山親方)らを育てた。日本相撲協会では審判、巡業、事業などの各部長を歴任した。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016073100143&g=obt

































 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/07/31報 






 2016/08/01報 








 2016/08/07報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL