天皇陛下、生前退位の意向、及び、象徴としてのお務めについて、ビデオメッセージの形で国民に発表、憲法を順守する立場を守りながらも強く示唆、国事行為の縮小、摂政を置く考えは否定




【2016/12/09最新】 【主報】 (2016/08/08-20:52)
 天皇陛下、生前退位の意向、及び、象徴としてのお務めについて、ビデオメッセージの形で国民に発表、憲法を順守する立場を守りながらも強く示唆、国事行為の縮小、摂政を置く考えは否定



 天皇陛下は8日、「象徴としてのお務め」について、自身のお気持ちをビデオメッセージの形で国民に向けて発表された。生前退位の意向を示している陛下は、82歳と高齢になったことを踏まえ、今後の身の処し方に触れ、「次第に進む身体の衰えを考慮する時、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」と述べた。

 陛下は、憲法を順守する立場から、現行の皇室制度に具体的に触れることを控え、「生前退位」という文言は避けつつも、生前退位の意向を強く示唆する内容となった。

 安倍晋三首相はお気持ちの表明を受け、記者団に「陛下のご年齢やご公務の負担、ご心労に思いを致し、どのようなことができるのか、しっかりと考えていかなければならない」と述べた。憲法の枠内で対応が可能かどうか検討する。

 陛下のビデオメッセージは、2011年の東日本大震災直後以来2度目。お住まいの皇居・御所の応接室で7日午後4時半から収録され、宮内庁が8日午後3時に公表した。映像は約11分間で、象徴天皇としての歩みを振り返り、この先の自身の在り方や務めについて考えを語った。陛下の意向で皇后さまが収録を近くで見守ったという。

 陛下は03年に前立腺がん、12年に心臓と2度の手術を受け、加齢による体力低下も覚えるようになり、どのように身を処していくことが国や国民、陛下の後を歩む皇族にとって良いか考えるようになったと説明。天皇の高齢化への対処について「国事行為や、象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」と述べた。摂政を置くことも「十分務めを果たせぬまま、生涯天皇であり続けることに変わりはありません」と否定的な見方を示した。

 さらに、代替わりに伴う国民生活やご家族への影響を懸念。「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、私の気持ちをお話しいたしました」と締めくくり、国民に理解を求めた。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080800583&g=soc















0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_03.jpg


 画像並び順変更 (日付昇順・降順) 



 16/07/14報 天皇陛下生前退位の意向を表明

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_00.jpg

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_01.jpg

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_02.jpg

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_03.jpg

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_04.jpg

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_05.jpg

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_06.jpg

0724_Tenno_heika_seizen_taii_20160714_top_07.jpg




 16/09/28報 宮内庁長官が交代 この時期の交代は異例


















 16/09/30報 生前退位に憲法改正は不要と解釈










 16/10/17報 有識者会議が発足
























 16/10/20報 皇后陛下がお気持ちを述べられる


























 16/10/20報 皇后陛下がお気持ちを述べられる


























 16/10/31報 世論調査、皇室典範の改正を国民は支持










 16/11/14報 有識者会議 生前退位反対派が大勢
























 16/11/20報 秋篠宮紀子様らが乗車の車が事故


















 16/11/30報 最後の有識者会議




























 16/11/30報 秋篠宮様が声明


































































 16/12/07報 有識者会議が意見取りまとめ


















 16/12/09報 雅子様が声明












»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL