自民党の鳩山邦夫衆院議員が十二指腸潰瘍のため67歳で死去、当選13回、文相や労相などを経験




【2016/07/10最新】 【主報】 (2016/06/22-13:30)
 自民党の鳩山邦夫衆院議員が十二指腸潰瘍のため67歳で死去、当選13回、文相や労相などを経験



 法相や総務相などを歴任した自民党の鳩山邦夫(はとやま・くにお)衆院議員が21日午前11時35分、十二指腸潰瘍のため、東京都内の病院で死去した。67歳だった。鳩山由紀夫元首相の弟。葬儀は近親者のみで行う。お別れの会も行う予定。喪主は妻エミリーさん。

 邦夫氏死去に伴う衆院福岡6区補欠選挙は10月に行われる見通し。

 東京都出身。鳩山一郎元首相の孫、威一郎元外相の次男として、政治家一家に生まれた。東大卒業後、田中角栄元首相秘書などを経て、1976年衆院選で旧東京8区から無所属で初当選。2005年衆院選から選挙区を福岡6区に変更し、当選13回。文相や労相なども経験し、環境や教育分野に力を注いだ。

 第1次安倍、福田両政権で法相を務め、死刑執行の際の死刑囚の氏名を初めて公表。麻生政権で総務相に就き、東京中央郵便局(東京都千代田区)の建て替えに際して文化財保護の観点から見直しを求めた。

 1993年に自民党を離党。旧新進党、旧民主党などを経て、2000年に自民党に復党。旧民主党政権誕生後の10年に「自民党では限界がある」として再び党を離れたが、12年衆院選は自民党の推薦を得て当選し、復党した。その後は派閥横断の勉強会「きさらぎ会」を主宰し、安倍晋三首相を支えてきた。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062200376&g=obt














0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_02.jpg




0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_00.jpg

0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_01.jpg

0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_02.jpg

0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_03.jpg

0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_04.jpg

0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_05.jpg

0710_Hatoyama_Kunio_shikyo_20160622_top_06.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/06/22報 












 2016/07/10報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL