西日本に停滞する梅雨前線の影響で九州で大雨、長崎県の雲仙岳や熊本県熊本市で1時間雨量110ミリ、同県甲佐町では史上最多となる1時間雨量150ミリを観測




【2016/07/18最新】 【主報】 (2016/06/21-01:24)
 西日本に停滞する梅雨前線の影響で九州で大雨、長崎県の雲仙岳や熊本県熊本市で1時間雨量110ミリ、同県甲佐町では史上最多となる1時間雨量150ミリを観測



 西日本に停滞する梅雨前線の影響で20日夜から九州は大雨となった。気象庁は午後10時20分ごろ以降、長崎県の雲仙岳や南島原市、熊本市、熊本県宇土市、益城町、西原村などで1時間雨量が約110ミリの記録的短時間大雨情報を相次いで発表した。

 同県甲佐町では21日午前0時20分ごろまでの1時間雨量が150.0ミリに上り、この地点の観測史上最多となった。

 鹿児島県を除く九州各県と山口、愛媛両県の一部地域には、土砂災害警戒情報が出された。熊本地震で地盤が緩んでいる地域は特に警戒が必要。河川の増水や氾濫、低地の浸水の恐れもある。長崎市の一部地区などに避難勧告が発令された。

 21日は西・東日本で大雨となり、同日午後6時までの24時間雨量は多い所で、九州と四国150ミリ、中国と近畿120ミリ、東海と関東甲信100ミリと予想される。竜巻などの突風や落雷、ひょうにも注意が必要という。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062000877&g=keq














0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_02.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_00.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_01.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_03.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_04.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_05.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_06.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_07.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_08.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_09.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_10.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_11.jpg

0709_Kyusyu_Kumamoto_ooame_20160621_top_12.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/06/18報 








 2016/06/19報 








 2016/06/20報 








 2016/06/21報 


























 2016/06/22報 
















 2016/06/23報 














 2016/06/26報 






 2016/06/28報 






 2016/06/29報 














 2016/06/30報 










 2016/07/08報 








 2016/07/09報 










 2016/07/10報 






 2016/07/13報 






 2016/07/14報 






 2016/07/18報 









»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL