ボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ(カシアス・クレイ)が74歳で死去、67年にベトナム戦争を拒否し、タイトルとライセンスを剥奪されながらも、米国の有色人種差別と戦ったことで、20世紀を代表するカリスマ的英雄に




【2016/06/12最新】

【主報】 (2016/06/04-15:03)
 ボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ(カシアス・クレイ)が74歳で死去、67年にベトナム戦争を拒否し、タイトルとライセンスを剥奪されながらも、米国の有色人種差別と戦ったことで、20世紀を代表するカリスマ的英雄に



 プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンで、20世紀を代表するカリスマ的英雄だったモハメド・アリ(本名カシアス・クレイ)氏が入院先の米アリゾナ州フェニックスの病院で3日死去した。74歳だった。家族が声明を出した。

 アリ氏は30年以上にわたりパーキンソン病を患っており、呼吸器系の病気で入院したばかりだった。

 米ケンタッキー州ルイビル生まれ。12歳でボクシングを始め、18歳で出場した1960年ローマ五輪のライトヘビー級で金メダルを獲得した後、プロに転向した。

 64年にソニー・リストンを破って世界ヘビー級王座を獲得。直後にブラック・ムスリムに入信してモハメド・アリと改名した。67年には兵役を拒否し、タイトルとボクシングライセンスを剥奪された。黒人差別の残る米国社会への批判的言動を繰り返して物議を醸した。

 70年に復帰。74年にコンゴ(旧ザイール)のキンシャサで行われたジョージ・フォアマン戦で、絶対不利の予想を覆してKO勝ちし王座を奪還。この一戦は「キンシャサの奇跡」と呼ばれ語り継がれている。78年2月にレオン・スピンクスに敗れて王座を失ったが、同年9月の再戦に判定勝ちし、3回目の王座獲得を果たした。

 いったん引退した後、80年にはラリー・ホームズの王座に挑戦して敗れ、81年に引退した。通算19回のタイトル防衛を果たし、戦績は56勝(37KO)5敗。

 全盛時のクレバーなボクシングスタイルは「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評された。引退後は病気と闘いながら、96年のアトランタ五輪開会式では聖火の最終点火者を務めた。

 76年に来日した際、アントニオ猪木氏(元プロレスラー、現参院議員)と対戦したのも話題となった。 (時事)【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060400177&g=spo














0702_muhammad_ali_201606xx_top_05.jpg

0702_muhammad_ali_201606xx_top_01.jpg

0702_muhammad_ali_201606xx_top_02.jpg

0702_muhammad_ali_201606xx_top_03.jpg

0702_muhammad_ali_201606xx_top_04.jpg

0702_muhammad_ali_201606xx_top_06.jpg

0702_muhammad_ali_201606xx_top_07.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/06/04報 










 2016/06/10報 






 2016/06/11報 








 2016/06/12報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL
火星に酸素がなければ火星旅行は自殺旅行となる・火星旅行は火星の知識を十分調べてからで遅くないと思うの - 国民の生活が第一は人づくりにあり
 火星に酸素がなければ火星旅行は自殺旅行となる・火星旅行は火星の知識を十分調べてからで遅くないと思うのだが、それにしても応募者が20万人いたとは驚きだ! 【AFP=時事】人類初の火星コロニー建設プロジェクトを進める非営利企業「マーズ・ワン(Mars One)」は6日、プロジェクトの候補者名簿に残った100人に対し、選考過程の新たな段階の一環として、全5日間にわたる選抜試験を実施すると発表した...
No.3  2016-06-08 09:53