サウジアラビアの国王が90歳で逝去、20年に渡り実権を掌握、イスラム教スンニ派の盟主として中東地域で絶大な存在感を誇る


0069_Saudi_Arabia_kokuou_shikyo_201501_01.jpg

0069_Saudi_Arabia_kokuou_shikyo_201501_02.jpg

0069_Saudi_Arabia_kokuou_shikyo_201501_03.jpg

0069_Saudi_Arabia_kokuou_shikyo_201501_04.jpg

【主報】 (2015/01/23-10:58)
 サウジアラビアの国王が90歳で逝去、20年に渡り実権を掌握、イスラム教スンニ派の盟主として中東地域で絶大な存在感を誇る



 【アンマン時事】サウジアラビア王室によると、アブドラ・ビン・アブドルアジズ国王が23日、死去した。90歳前後とみられる。国防相を務める異母弟のサルマン皇太子(79)が新国王に即位。新国王はムクリン王子を皇太子に指名した。外交や石油政策に大きな変化はないとみられる。

 アブドラ国王は、世界最大級の石油産出国サウジで20年近く実権を掌握。イスラム教スンニ派の盟主として、中東地域で絶大な存在感を誇った。椎間板ヘルニアや血栓による背中の痛みなどで療養を続け、最近は肺炎で入院していた。

 ファハド前国王が死去した2005年8月1日に即位した。しかし、病弱だった前国王に代わって、1990年代後半から実質的に国政のかじ取りを担ってきた。

 イスラム教発祥の地サウジは90年の湾岸危機で「異教徒」米軍の駐留を容認。これに反発するサウジ出身の故ウサマ・ビンラディン容疑者率いる国際テロ組織アルカイダが台頭し、2001年9月の米同時テロを招いた。このため、03年のイラク戦争では、米軍の基地使用を認めなかった。

 その後も親米路線を維持したが、サウジが脅威とみなすイランとの核協議を進めるオバマ政権とは、関係がぎくしゃくした。イラクとシリアでの過激組織「イスラム国」台頭によって欧米もテロの標的になると訴え、国際社会に迅速な対応を呼び掛けていた。

 サウジは日本の最大の原油輸入先。アブドラ国王の訪日は実現しなかったが、07年4月には第1次政権当時の安倍晋三首相がサウジを訪れて国王と会談。首相は再登板後の13年にもサウジを訪問し、療養中の国王と電話で会談した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012300156&g=int

【前報】 (2015/01/03-01:14)
 サウジアラビアのアブドラ国王が肺炎で入院



 【エルサレム時事】サウジアラビアからの報道によると、サウジ王室は2日、入院中のアブドラ国王について、肺炎を患っていると発表した。「チューブを通じて呼吸している」と述べている。
 王室は12月31日、国王が入院したと明らかにしていた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010300009&g=int

【続報】 (2015/01/23-21:15)
 サウジアラビア、異母弟のサルマン皇太子が新国王に即位



 世界最大級の産油国サウジアラビアのかじ取りが新しい国王に託されることになった。アブドラ国王が23日に死去し、国防相を務めてきた異母弟のサルマン皇太子(79)が新国王に即位。サルマン新国王は、アブドルアジズ初代国王の最年少の息子で副皇太子だったムクリン王子(69)を順当に皇太子にして、さらに「第3世代」のムハンマド内相(55)を副皇太子に指名した。国王が死去した当日に世代交代への布石を打つ異例のスピード決断となった。

 サウジを敵視する過激組織「イスラム国」の台頭や民衆運動「アラブの春」後の独裁国家の動揺などサウジを取り巻く地域情勢は緊迫している。継承問題で国内が揺らぐのを避けるため、アブドラ国王の健康不安説が伝えられる中、水面下で慎重に準備してきた可能性もある。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012300819&g=int

【続報】 (2015/01/24-00:16)
 サウジアラビア、ムハンマド内相が王位継承順位第2位の副皇太子に、初代国王の孫に当たる「第3世代」が王位継承者になるのは初



 【アンマン時事】サウジアラビアのサルマン新国王(79)は23日、ムハンマド内相(55)を王位継承順位第2位の副皇太子に指名した。AFP通信が伝えた。初代アブドルアジズ国王の子供である「第2世代」が60年以上も王位に就く中、初代国王の孫に当たる「第3世代」が初めて明確な王位継承者として位置付けられた。ムハンマド副皇太子の指名により、サウジ王家は世代交代へ大きな一歩を踏み出したことになる。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012300878&g=int

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL