バドミントン男子シングルスの選手らが国内の違法カジノ店に出入り、リオデジャネイロ五輪でメダルの獲得が期待されていた世界ランキング2位の桃田賢斗選手、全日本総合選手権6連覇の田児賢一選手など、強豪選手も




【2016/04/12最新】 【主報】 (2016/04/07-13:34)
 バドミントン男子シングルスの選手らが国内の違法カジノ店に出入り、リオデジャネイロ五輪でメダルの獲得が期待されていた世界ランキング2位の桃田賢斗選手、全日本総合選手権6連覇の田児賢一選手など、強豪選手も



 リオデジャネイロ五輪のバドミントン男子シングルスでメダル獲得を期待されている桃田賢斗選手(21)=NTT東日本=が、所属先の先輩の田児賢一選手(26)らとともに、国内の違法な闇カジノ店に出入りしていたことが7日、分かった。NTT東日本広報室は「両選手が複数人と出入りし、賭博をしていた。詳細をこれから調査し、社内規定に沿って処分する」と話した。

 同社広報室がマレーシア・オープンに出場していた桃田選手と田児選手に6日に事情を聴いたところ、2人は闇カジノ店での賭博を認めたという。桃田選手は同日の1回戦を突破したが、2回戦を棄権し、7日朝に田児選手とともに帰国した。

 日本バドミントン協会は10日に理事会を開き、桃田選手の処分を決める。桃田選手のリオ五輪派遣は日本オリンピック委員会(JOC)が最終的な権限を持つが、同協会の銭谷欽治専務理事は、「事実なら推薦できない」と述べた。 

 桃田選手は昨年、世界選手権男子シングルスで日本勢初となる銅メダルを獲得し、トップ選手が集まるスーパーシリーズ・ファイナルで優勝した。

 田児選手は2012年ロンドン五輪男子シングルス代表。08年から13年まで全日本総合選手権を6連覇した。

◇桃田選手の略歴
 桃田 賢斗(ももた・けんと)NTT東日本所属。7歳でバドミントンを始める。福島・富岡高3年時の12年に世界ジュニア選手権男子シングルス優勝。14年は日本のトマス杯初優勝に貢献。15年8月の世界選手権では男子単の日本勢で初の銅メダル獲得。12月に全日本総合初優勝、スーパーシリーズの年間上位8人によるファイナルも制した。175センチ、70キロ。左利き。21歳。香川県出身。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040700125&g=spo














0679_badminton_yami_casino_20160408_top_06.jpg

0679_badminton_yami_casino_20160408_top_00.jpg

0679_badminton_yami_casino_20160408_top_01.jpg

0679_badminton_yami_casino_20160408_top_02.jpg

0679_badminton_yami_casino_20160408_top_03.jpg

0679_badminton_yami_casino_20160408_top_04.jpg

0679_badminton_yami_casino_20160408_top_05.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/04/07報 






 2016/04/08報 










 2016/04/10報 








 2016/04/11報 








 2016/04/12報 








 2016/04/07報 






 2016/04/08報 










 2016/04/10報 








 2016/04/11報 








 2016/04/12報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL