航空自衛隊の飛行点検機が鹿児島の御岳に墜落、乗組員6人は全員心肺停止状態で発見、機長の飛行時間は6000時間、ベテランに近い技量




【2016/04/08最新】 【主報】 (2016/04/08-12:10)
 航空自衛隊の飛行点検機が鹿児島の御岳に墜落、乗組員6人は全員心肺停止状態で発見、機長の飛行時間は6000時間、ベテランに近い技量



 鹿児島県上空で消息を絶った航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属のU125飛行点検機(乗員6人)の事故で、自衛隊は8日午前、不明の乗員と機体の捜索を再開した。防衛省によると、鹿児島県鹿屋市の御岳(1182メートル)山頂の東約500メートル付近で新たに心肺停止状態で2人を発見した。7日に見つかった4人とほぼ同じ場所で、6人全員が心肺停止状態で発見されたことになる。

 中谷元防衛相は8日、記者会見で「U125は墜落したと判断した。誠に残念、無念。機体の残骸や現場の状況を確認した上で、原因を究明したい」と述べた。

 2人は午前9時25分、同9時50分ごろに相次いで見つかった。また、自衛隊ヘリコプターが午前6時半に7日に4人が発見された場所から約100メートル離れた場所で、機体の胴体部分の一部とみられる破片が200~300メートルにわたり飛散しているのを発見した。同機と同じ赤と白色の塗装の破片も確認された。

 自衛隊は6人を海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)に順次搬送した。

 U125は6日午後1時15分に鹿屋航空基地を離陸し、同基地から約11キロを円弧状に飛行し西に向かった。同日午後2時31分ごろ、管制塔と交信し、その約4分後に鹿屋市と垂水市にまたがる高隈山付近でレーダーから機影が消えた。最後の交信記録では異常はなかった。

 消息を絶つ直前、U125の高度は約880メートルだったとみられ、御岳より低い高度で飛行し、衝突した可能性もある。防衛省航空幕僚監部は航空事故調査委員会の調査団を現地に派遣。同機が搭載していたフライトデータや操縦席の会話を録音した記録装置の発見と回収を急ぎ、事故原因の究明を進める。

 同機には機長で40代の男性3等空佐と副操縦士、機上無線員2人、整備員2人の計6人が搭乗。地上の無線施設から電波が正常に発信されているかなどを調べていた。空幕によると、機長の飛行時間は約6000時間。中堅以上でベテランに近い技量があり、鹿屋航空基地周辺での飛行経験もあったという。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040800053&g=soc
 













0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_03.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_00.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_01.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_02.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_04.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_05.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_06.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_07.jpg

0678_koukuu_jieitai_tsuiraku_20160408_top_08.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/04/06報 












 2016/04/07報 




















 2016/04/08報 
























 2016/04/06報 












 2016/04/07報 




















 2016/04/08報 























»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2017/05/17(水) 23:37:45
    殺された可能性が大。臭うよ。異臭がする。一般操縦士より何倍も優秀な自衛隊の操縦士。1人も脱出できず死亡。無い! 自衛隊機の整備士が全員、成りすましに入れ替わった可能性があるな。日本の闇を見るべき。神社に参拝して神に相談されたし。日本の神は宇宙人。祈りは通じる。
Comment form

トラックバック

Trackback URL