大阪府八尾市の八尾空港で着陸しようとした小型機が墜落、4人が死亡、管制官に対し「着陸をやり直す」と連絡後、滑走路脇の草地に墜落




【2016/03/29最新】 【主報】 (2016/03/27-00:28)
 大阪府八尾市の八尾空港で着陸しようとした小型機が墜落、4人が死亡、管制官に対し「着陸をやり直す」と連絡後、滑走路脇の草地に墜落



 26日午後4時20分ごろ、大阪府八尾市の八尾空港で着陸しようとした小型機が墜落し、炎上した。府警八尾署によると、乗っていた4人の死亡が機内で確認された。いずれも成人男性とみられる。

 国土交通省の話では、この小型機の機長は西本泰志さん。府警は、業務上過失致死事件とみて八尾署に捜査本部を設置。身元の確認を進めるとともに、現場検証を行うなどして事故原因を調べる。

 府警などによると、小型機はコックピットが大破したほか、機体後部が上方に折れ曲がり、垂直尾翼は取れていた。火は午後4時40分ごろに消し止められた。

 国土交通省や八尾空港事務所によると、墜落したのは4人乗りの単発プロペラ機「ムーニー式M20C」。神戸空港(神戸市)を午後4時3分に離陸し、八尾空港に向かっていた。

 管制官に対し「着陸をやり直す」と連絡後、東西に延びる約1490メートルの滑走路の東端から約1100メートル地点脇にある草地に墜落した。当時、視界は良好で風は弱く、午後4時時点の風速は1.5メートルだった。

 機体は幅10.7メートル、長さ7メートル。1977年に登録され、年1回の取得が義務付けられている「耐空証明」を2015年5月に取得し、国の検査官らが機体の状況を確認していた。

 国交省は航空事故に認定し、運輸安全委員会は航空事故調査官2人を現地に派遣することを決めた。

 八尾空港は住宅と工場が立ち並ぶ地域にある。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016032700005&g=soc













0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_01.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_00.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_02.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_03.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_04.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_05.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_06.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_07.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_08.jpg

0668_Osaka_Yao_airport_kogataki_tsuiraku_20160326_top_09.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/03/26報 










 2016/03/27報 










 2016/03/28報 








 2016/03/29報 








 2016/03/26報 










 2016/03/27報 










 2016/03/28報 








 2016/03/29報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL