トルコ首都アンカラ中心部で自動車爆弾が爆発、34人が死亡、125人が負傷、反政府武装組織クルド労働者党(PKK)による犯行か




【2016/03/15最新】 【主報】 (2016/03/14-08:24)
 トルコ首都アンカラ中心部で自動車爆弾が爆発、34人が死亡、125人が負傷、反政府武装組織クルド労働者党(PKK)による犯行か



 【エルサレム時事】トルコの首都アンカラ中心部で13日夜(日本時間14日未明)、自動車爆弾が爆発し、政府の発表では、少なくとも34人が死亡、125人が負傷した。在トルコ日本大使館によると、日本人が巻き込まれたという情報はない。犯行声明は出ていないが、ロイター通信は、反政府武装組織クルド労働者党(PKK)による犯行の可能性があると述べるトルコ治安当局者の発言を伝えた。

 アンカラでは2月中旬にも、軍の車両を狙った自動車爆弾テロで29人が犠牲になったばかり。政府のテロ対策が改めて問われることになる。

 事件を受け、エルドアン大統領は声明を出し「テロには屈しない」と強調した。また「われわれの治安部隊に対し劣勢になったテロ組織が、最も冷酷なやり方で、罪のない市民を標的にしている」と強く非難した。

 爆発は13日午後6時半(同14日午前1時半)すぎ、アンカラ中心部のクズライ地区のバス停付近で発生。同地区はバスや電車が乗り入れる交通の要所で、レストランやホテルも立ち並んでいる。爆発時、道路には大勢の人を乗せたバスが何台も並んでいたもようだ。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016031400014&g=int













0649_Turkey_PKK_terrorism_20160314_top_00.jpg

0649_Turkey_PKK_terrorism_20160314_top_01.jpg

0649_Turkey_PKK_terrorism_20160314_top_02.jpg

0649_Turkey_PKK_terrorism_20160314_top_03.jpg

0649_Turkey_PKK_terrorism_20160314_top_04.jpg

0649_Turkey_PKK_terrorism_20160314_top_05.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/03/14報 










 2016/03/15報 








 2016/03/14報 










 2016/03/15報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL