イラク中部ヒッラ付近の検問所でトラックを使った自爆テロが発生、60人が死亡、70人が負傷、イスラム国が犯行声明




【2016/03/06最新】 【主報】 (2016/03/06-23:45)
 イラク中部ヒッラ付近の検問所でトラックを使った自爆テロが発生、60人が死亡、70人が負傷、イスラム国が犯行声明



 【カイロ時事】イラク中部ヒッラ付近の検問所で6日、トラックを使った自爆攻撃があり、ロイター通信によると、少なくとも60人が死亡、70人以上が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 検問所はヒッラの北側に位置する。首都バグダッドなどからヒッラに向かう車両が検査のために列をつくり、混雑していたという。ヒッラは中部バビル州の州都で、ISが敵視するイスラム教シーア派の住民が多い。

 ISはインターネット上に投稿した声明で、シーア派に対する「戦いは始まったばかりだ」と強調し、攻撃続行を訴えた。これとは別に、IS系メディアのウェブサイトにも「殉教作戦」の実行を主張する声明が掲載された。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016030600221&g=int













0644_Iraq_IS_terrorism_20160307_top_03.jpg

0644_Iraq_IS_terrorism_20160307_top_00.jpg

0644_Iraq_IS_terrorism_20160307_top_01.jpg

0644_Iraq_IS_terrorism_20160307_top_02.jpg

0644_Iraq_IS_terrorism_20160307_top_04.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/03/06報 








 2016/03/06報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL