徳川家康ゆかりの寺院「乾坤院」で出火、本堂が激しく炎上、千手観世音菩薩像などを収蔵、貴重な文化財が多数




【2016/03/04最新】 【主報】 (2016/03/04-16:40)
 徳川家康ゆかりの寺院「乾坤院」で出火、本堂が激しく炎上、千手観世音菩薩像などを収蔵、貴重な文化財が多数



 4日午後2時50分ごろ、愛知県東浦町緒川の寺院「乾坤院(けんこんいん)」から出火した。本堂などが激しく燃えており、消防が消火活動にあたっている。けが人はいない模様。

 同院のホームページによると、この寺には、徳川家康の生母で、同町で生まれた於大(おだい)の方が寄付した千手観世音菩薩(ぼさつ)像などがあり、徳川家にゆかりがあるという。

朝日新聞デジタル(引用元)
http://www.asahi.com/articles/ASJ3456JFJ34OIPE01F.html













0640_Kenkonin_Tokugawa_Ieyasu_Aichi_kasai_20160304_top_00.jpg

0640_Kenkonin_Tokugawa_Ieyasu_Aichi_kasai_20160304_top_01.jpg

0640_Kenkonin_Tokugawa_Ieyasu_Aichi_kasai_20160304_top_02.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/03/04報 








 2016/03/04報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL