スペイン南東部にある北大西洋条約機構(NATO)のパイロット訓練施設でギリシャ軍機が墜落、10人が死亡、13人が負傷


0064_Spain_NATO_sentouki_tsuiraku_201501_01.jpg

0064_Spain_NATO_sentouki_tsuiraku_201501_02.jpg

0064_Spain_NATO_sentouki_tsuiraku_201501_03.jpg

0064_Spain_NATO_sentouki_tsuiraku_201501_04.jpg

0064_Spain_NATO_sentouki_tsuiraku_201501_05.jpg

0064_Spain_NATO_sentouki_tsuiraku_201501_06.jpg

【主報】 (2015/01/27-06:49)
 スペイン南東部にある北大西洋条約機構(NATO)のパイロット訓練施設でギリシャ軍機が墜落、10人が死亡、13人が負傷



 【パリ時事】スペイン南東部アルバセテにある北大西洋条約機構(NATO)のパイロット訓練施設で26日、ギリシャ軍に所属するF16戦闘機が離陸途中で失速して墜落し、少なくとも10人が死亡、13人が負傷した。AFP通信が報じた。

 事故では何らかの原因で同機の出力が低下し、ほかの機体が待機中の区域に墜落。数機が爆発に巻き込まれたもようだ。墜落した戦闘機の搭乗員2人も死者に含まれている可能性が高いという。

 スペインのラホイ首相は事故後に声明を出し、死者のうち8人がフランス人、2人はギリシャ人だったと発表した。イタリア当局によると、負傷者には9人程度のイタリア人も含まれているもようだ。NATOのストルテンベルグ事務総長は「痛ましい事故に深く悲しんでいる」と述べた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015012700082&g=int

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL