2015年国勢調査の速報値、外国人を含む人口は、15年10月1日時点で1億2711万47人、前回調査から94万7305人減、1920年の調査開始以来、初のマイナス




【2016/02/26最新】 【主報】 (2016/02/26-08:44)
 2015年国勢調査の速報値、外国人を含む人口は、15年10月1日時点で1億2711万47人、前回調査から94万7305人減、1920年の調査開始以来、初のマイナス



 総務省は26日、2015年国勢調査の速報値を発表した。外国人を含む人口は、15年10月1日時点で1億2711万47人。10年の前回調査から94万7305人(0.7%)減り、1920(大正9)年の調査開始以来、初めてマイナスに転じた。内訳は、男性が6182万9237人、女性が6528万810人。

 都道府県別に見ると、39道府県で人口規模が縮小しており、東京圏などを除き全国的な傾向となっている。東京電力福島第1原発事故で被災し、全町避難している福島県の4町はゼロだった。

 同省は「別の統計でも、出生数から死亡数を差し引いた『自然減』が大きいことが分かっており、はっきりと人口減少に入ってきた」(統計局)と分析。その影響は経済や財政、社会保障など広範囲に及ぶため、政府は対策の加速化を迫られそうだ。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016022600154&g=soc













0631_nihon_kokusei_chousa_jinkou_minus_20160226_top_00.jpg

0631_nihon_kokusei_chousa_jinkou_minus_20160226_top_01.jpg

0631_nihon_kokusei_chousa_jinkou_minus_20160226_top_02.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/02/26報 








 2016/02/26報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL