シリア首都ダマスカス近郊と中部ホムスで連続爆弾テロが相次ぐ、155人が死亡、イスラム国が声明、アサド政権の支配地域が標的に




【2016/02/22最新】 【主報】 (2016/02/22-06:06)
 シリア首都ダマスカス近郊と中部ホムスで連続爆弾テロが相次ぐ、155人が死亡、イスラム国が声明、アサド政権の支配地域が標的に



 【カイロ時事】シリアの首都ダマスカス近郊と中部ホムスで21日、連続爆弾テロが相次ぎ、AFP通信によると民間人多数を含む少なくとも計142人が死亡した。いずれもアサド政権の支配地域が標的となっている。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 ダマスカスでは、郊外にあるイスラム教シーア派の「サイエダ・ゼイナブ廟(びょう)」付近で4回にわたって自爆や自動車爆弾による爆発があり、少なくとも83人が死亡した。アサド大統領が属するイスラム教アラウィ派の住民が多いホムスのザフラー地区では、2度の爆発により59人以上が犠牲になった。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016022200024&g=













0623_Syria_Damascus_Homs_IS_terrorism_20160222_top_00.jpg

0623_Syria_Damascus_Homs_IS_terrorism_20160222_top_01.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/02/22報 












 2016/02/22報 











»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL