ロシア南部ダゲスタン共和国、交通警察の詰め所で自爆テロが発生、警官2人が死亡、犯人は「イスラム国」の思想に共鳴




【2016/02/16最新】 【主報】 (2016/02/15-22:57)
 ロシア南部ダゲスタン共和国、交通警察の詰め所で自爆テロが発生、警官2人が死亡、犯人は「イスラム国」の思想に共鳴



 【モスクワ時事】ロシア南部ダゲスタン共和国で15日、交通警察の詰め所付近で男が自動車に仕掛けた爆弾で自爆し、警官2人が死亡した。共和国のアブドラチポフ首長はテロの可能性を指摘。関係筋はインタファクス通信に対し、男は過激派組織「イスラム国」(IS)の思想に共鳴していたという見方を示した。

 ダゲスタンではイスラム武装勢力がISに忠誠を誓い、ロシア当局が掃討作戦を行ってきた。ロシアはISと戦うアサド政権を支援するためシリアで空爆を継続し、報復テロを警戒している。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016021500839&g=













0618_Russia_IS_terrorism_20160216_top_00.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/02/16報 








 2016/02/16報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL