2015年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値、前期比0.4%減、年率換算1.4%減、マイナス成長は2四半期ぶり、日本経済は依然として足踏み状態




【2016/03/08最新】 【主報】 (2016/02/15-12:07)
 2015年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値、前期比0.4%減、年率換算1.4%減、マイナス成長は2四半期ぶり、日本経済は依然として足踏み状態



 内閣府が15日発表した2015年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.4%減、年率換算で1.4%減となった。マイナス成長は2四半期ぶり。個人消費が振るわず、輸出も中国などの新興国向けと米国向けがそろって低迷。日本経済が依然として足踏み状態にあることが確認された。

 記者会見した石原伸晃経済財政担当相は、個人消費について「暖冬(による冬物の販売不振)は意外に効いているが、底堅い」と強調。輸出に関しては「ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が良好であるという認識を変える材料はない。中国(経済の減速)が大きいのではないか」と語った。

 実質GDPを主な需要項目別に見ると、個人消費は前期比0.8%減と2四半期ぶりのマイナス。暖冬で冬物衣料が落ち込み、ガソリンや灯油の販売量も減少した。住宅投資は、資材価格の高騰などを背景にした買い控えにより、1.2%減と4四半期ぶりに減少した。

 設備投資は1.4%増と2四半期連続のプラス。公共投資は2.7%減。輸出は0.9%減と2四半期ぶりのマイナス。輸出にカウントされる訪日観光客の消費は増加したが、金属工作機械や半導体製造装置の輸出が減少。輸入は電子通信機器や原油、天然ガスが伸び悩み、1.4%減だった。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016021500097&g=eco














0616_GDP_kokunai_souseisan_minus_20160215_top_00.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/02/15報 







 2016/03/08報 







 2016/02/15報 







 2016/03/08報 






»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL