新東名高速道路、浜松いなさJCT-豊田東JCTの55キロ区間が開通、これにより御殿場JCTから西側の主要区間200キロが完成、御殿場JCT-豊田JCTの所要時間が60分短縮




【2016/02/13最新】 【主報】 (2016/02/13-15:56)
 新東名高速道路、浜松いなさJCT-豊田東JCTの55キロ区間が開通、これにより御殿場JCTから西側の主要区間200キロが完成、御殿場JCT-豊田JCTの所要時間が60分短縮



 新東名高速道路の浜松いなさジャンクション(JCT、浜松市)-豊田東JCT(愛知県豊田市)の55キロ区間が13日、開通した。これにより新東名は御殿場JCT(静岡県御殿場市)から西側の主要区間約200キロが完成し、首都圏と中京圏を結ぶ新たな高速道路が誕生した。並行する東名高速の渋滞緩和のほか、物流の活性化や観光客の増加が期待されている。

 開通により、東名の三ケ日JCT(浜松市)-豊田JCT間で年約600回発生していた渋滞は、8割減少する見込み。御殿場JCT-豊田JCTの所要時間も、約3時間から約2時間へ短縮される。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016021300178&g=soc













0615_Shin_toumei_kousoku_kaitsuu_20160213_top_00.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/02/13報 






 2016/02/13報 





»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2016/02/16(火) 19:25:57
    ついに来たか!
    60分短縮は凄いな!
Comment form

トラックバック

Trackback URL