北朝鮮、「人工衛星」を打ち上げ、軌道への投入に成功したと発表、分離したロケットは全て海上に落下、日米韓は長距離弾道ミサイルであるとして批判、国連安全保障理事会で厳しい制裁決議の採択を目指す方針




【2016/08/19最新】 【主報】 (2016/02/07-12:55)
 北朝鮮、「人工衛星」を打ち上げ、軌道への投入に成功したと発表、分離したロケットは全て海上に落下、日米韓は長距離弾道ミサイルであるとして批判、国連安全保障理事会で厳しい制裁決議の採択を目指す方針



 【ソウル時事】北朝鮮は7日午前9時31分(日本時間)ごろ、「人工衛星」の打ち上げと称して準備していた事実上の長距離弾道ミサイルを北西部の東倉里から発射した。「水爆実験」の成功と主張する1月6日の4回目の核実験から、わずか1カ月後の新たな挑発で、朝鮮半島情勢をめぐる緊張が一段と高まるのは避けられない情勢だ。

 長距離弾道ミサイルの発射は2012年12月12日以来、約3年ぶり。日米韓は、国連安全保障理事会で厳しい制裁決議の採択を目指す方針。国連安保理の外交筋はニューヨーク時間7日に安保理緊急会合を開くことを明らかにした。日本と米国、韓国が開催を要請した。韓国外務省によると、日本時間8日午前1時に開かれる予定。

 安倍晋三首相は「断じて容認できない。明白な国連決議違反だ。国際社会と連携して毅然(きぜん)として対応していきたい。国民の安全と安心を確保することに万全を期す」と記者団に述べた。この後、安倍首相は、日本独自の制裁決定を急ぐよう指示した。韓国の朴槿恵大統領も7日、国家安全保障会議で「容認できない挑発行為」と非難し、強力な制裁決議を目指す考えを強調した。

 ミサイルは五つに分離し、午前9時37分から同45分までに、黄海や東シナ海、太平洋などの海上に落下した。沖縄上空を通過し、日本国内の被害はなかったとみられ、破壊措置は実施されなかった。菅義偉官房長官は記者会見で、「現在のところ、わが国の領域に落下していない」と述べた。

 分離したうちの一つは、北朝鮮が国際機関に通告した区域外に落下したものの、米国防当局者はミサイルが宇宙空間に達したもようだと述べた。北朝鮮の朝鮮中央テレビは特別重大報道で、「地球観測衛星『光明星4号』の軌道進入に成功した」と伝えた。金正恩第1書記が6日に発射を命令し、「衛星は軌道を周回している」としている。

 16日は金第1書記の父、故金正日総書記の誕生日で、今回の発射は「祝砲」の意味合いがあるとみられている。また、北朝鮮は5月、36年ぶりの労働党大会を開く予定で、「水爆実験」成功や「人工衛星」打ち上げで、金第1書記の実績を誇示する狙いもありそうだ。

 北朝鮮は当初、発射期間を「2月8~25日」と予告していたが、直前の6日になって「2月7~14日」に変更した。気象状況などを考慮し、前倒ししたとみられている。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016020700051&g=int














0610_North_Korea_rocket_uchiage_20160207_top_00.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/01/28報 





 2016/01/29報 













 2016/02/02報 





 2016/02/03報 













 2016/02/04報 



















 2016/02/05報 









 2016/02/06報 







 2016/02/07報  ミサイル発射 











































 2016/02/08報 



























 2016/02/09報 















 2016/02/10報  日本独自制裁決定 







 2016/02/11報 













 2016/02/12報 





 2016/02/13報  拉致調査委員会解散 















 2016/02/14報 





 2016/02/15報 





 2016/02/16報 





 2016/02/18報 





 2016/02/19報 







 2016/02/20報 





 2016/02/22報 







 2016/02/23報 







 2016/02/24報 





 2016/02/25報 







 2016/02/26報 







 2016/02/29報 





 2016/03/01報 





 2016/03/02報 







 2016/03/03報 











 2016/03/04報 







 2016/03/05報 





 2016/03/06報 





 2016/03/07報 









 2016/03/08報 





 2016/03/09報 





 2016/03/10報 







 2016/03/12報 











 2016/03/14報 







 2016/03/15報 













 2016/03/17報 





 2016/03/18報 

















 2016/03/19報 







 2016/03/20報 





 2016/03/21報 







 2016/03/22報 





 2016/03/23報 







 2016/03/25報 





 2016/03/30報 





 2016/03/31報 





 2016/04/01報 













 2016/04/02報 





 2016/04/05報 





 2016/04/06報 







 2016/04/08報 





 2016/04/09報 







 2016/04/13報 





 2016/04/14報 





 2016/04/15報 











 2016/04/18報 





 2016/04/20報 





 2016/04/21報 









 2016/04/22報 





 2016/04/23報 







 2016/04/24報 











 2016/04/25報 







 2016/04/27報 







 2016/04/28報 









 2016/04/29報 





 2016/04/30報 





 2016/05/30報 





 2016/05/31報 



















 2016/06/01報 





 2016/06/02報 







 2016/06/03報 





 2016/06/04報 





 2016/06/21報 





 2016/06/22報 



























 2016/06/23報 















 2016/06/24報 






 2016/07/08報 






 2016/07/09報 








 2016/07/11報 






 2016/07/12報 






 2016/07/19報 














 2016/07/20報 






 2016/07/21報 






 2016/07/27報 








 2016/08/03報 
















 2016/08/04報 








 2016/08/05報 






 2016/08/07報 






 2016/08/08報 






 2016/08/09報 






 2016/08/19報 







»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL