鹿児島県の桜島が爆発的噴火が発生、気象庁は噴火速報と火口周辺警報を発表、桜島の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、噴火は2015年9月以来5カ月ぶり




【2016/02/08最新】 【主報】 (2016/02/05-22:02)
 鹿児島県の桜島が爆発的噴火が発生、気象庁は噴火速報と火口周辺警報を発表、桜島の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、噴火は2015年9月以来5カ月ぶり



 5日午後6時56分、鹿児島市・桜島の昭和火口で爆発的噴火が発生した。気象庁は噴火速報と火口周辺警報を発表し、桜島の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。火口から2キロ以内は大きな噴石や火砕流に警戒が必要。鹿児島市は2キロ圏をこれまでも立ち入り禁止にしており、規制を継続する。

 鹿児島県警などによると、噴火による被害の情報は入っていない。

 気象庁によると、噴煙は火口から2200メートルの高さまで上がり、弾道を描いて飛ぶ大きな噴石が3合目まで達した。爆発的噴火は昨年9月16日に昭和火口で起きて以来、約5カ月ぶり。

 同庁の北川貞之火山課長は記者会見で、「桜島でさらに大きな噴火が起きる兆候は観測されていない。これまでの活動と同じぐらいの噴火だ」と述べた。

 桜島は昨年8月15日朝に山体の急膨張が観測され、気象庁は大規模な噴火の可能性が高まったとしてレベルを3から4(避難準備)に引き上げた。その後マグマの上昇が停滞し、9月1日にレベルを4から3に、11月25日に3から2に引き下げていた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016020500837&g=soc














0609_Kagoshima_Sakurajima_funka_20160206_top_00.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 2016/02/05報 





 2016/02/06報 





 2016/02/08報 






 2016/02/05報 





 2016/02/06報 





 2016/02/08報 





»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL