台湾、高雄市を震源とするM6.4の地震が発生、台南市では100世帯が入居する17階建てビルが倒壊、5人が死亡、358人が負傷、広範囲で停電、断水が発生、直下型地震か




【2016/02/14最新】 【主報】 (2016/02/06-13:17)
 台湾、高雄市を震源とするM6.4の地震が発生、台南市では100世帯が入居する17階建てビルが倒壊、5人が死亡、358人が負傷、広範囲で停電、断水が発生、直下型地震か



 【台北時事】台湾南部で6日午前3時57分(日本時間同4時57分)ごろ、強い地震が発生した。台南市では約100世帯が入居する17階建てビルが倒壊するなどの被害が発生し、台湾当局によれば、午前11時半(同午後0時半)までに同市を中心に5人が死亡、358人が負傷した。日本の対台湾窓口、交流協会高雄事務所によると、日本人の被害は確認されていない。

 中央気象局によれば、地震の規模はマグニチュード(M)6.4。震源は高雄市で深さは16.7キロ。揺れは台湾のほぼ全島で観測された。台湾内の原発の異常は伝えられていない。在来線、新幹線は運転を一時休止した。

 倒壊したビルは築20年以上。消防が救助活動を行い、200人以上を救出したが、乳児や40歳男性ら4人の死亡が病院で確認された。内部に閉じ込められている住民がいるとみて、救出作業が続けられている。

 台南市ではこのほか、女性1人が給水塔の下敷きになって死亡した。市内では複数のビル、建物が被害を受けており、広範囲で停電、断水が発生している。雲林、嘉義両県でもけが人が出ている。

 台湾では6日が春節(旧正月)の長期休暇の初日で、倒壊ビルでも帰省して実家で過ごしていた人が多数いたとみられる。中央気象局は住民に余震への警戒を呼び掛けている。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016020600065&g=int














0608_Taiwan_tainan_jishin_20160206_top_01.jpg


 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 




 ライブ配信 







 2016/02/06報 











 2016/02/07報 











 2016/02/08報 













 2016/02/09報 









 2016/02/10報 











 2016/02/12報 





 2016/02/14報 







 ライブ配信 







 2016/02/06報 











 2016/02/07報 











 2016/02/08報 













 2016/02/09報 









 2016/02/10報 











 2016/02/12報 





 2016/02/14報 






»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL
日銀のマイナス金利導入はアベノミクスの正体を暴露、資産の運用も困難、一般国民生活を直撃 - 国民の生活が第一は人づくりにあり
 日銀のマイナス金利導入はアベノミクスの正体を暴露、資産の運用も困難、一般国民生活を直撃、◇個人資産運用直撃  マイナス金利の導入を日銀が決めてから5日で1週間が過ぎた。決定直後は株高・円安が進んだものの、5日の東京株式市場は日経平均株価が1万7000円台を割り込み、外国為替市場でも円高が進行。日銀の決定前の水準に逆戻りし、「マイナス金利」効果は早くも消えた形だ。一方、3メガバンクがこの日...
No.1  2016-02-06 12:06