イラク首都バグダッド、武装集団がショッピングモールを襲撃、自爆ベストを爆発させ11人を殺害、郊外でも自爆テロが相次ぎ、51人が死亡、イスラム国が犯行声明




【2016/01/12最新】 【主報】 (2016/01/12-07:04)
 イラク首都バグダッド、武装集団がショッピングモールを襲撃、自爆ベストを爆発させ11人を殺害、郊外でも自爆テロが相次ぎ、51人が死亡、イスラム国が犯行声明



 【エルサレム時事】イラクの首都バグダッドや中部ディヤラ州で11日、自爆テロが相次いで起き、少なくとも計51人が死亡した。ロイター通信が伝えた。バグダッドのテロに関しては、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 バグダッドでは11日、武装集団がショッピングモールを襲撃、自爆ベストを爆発させるなどして11人を殺害した。モール近くでも、自動車爆弾により警官ら7人が死亡。ISは声明で、戦闘員が「異教徒のたまり場」への攻撃に成功したと主張した。

 また、バグダッド郊外では、自爆テロ犯が車で道路に突っ込み、7人が死亡。ディヤラ州の州都バクバとマクダディヤでも、自爆テロが相次ぎ、計26人が死亡した。事件を受け、治安当局は同州に外出禁止令を発令した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011200085&g=










0584_Iraq_IS_terrorism_20160112_a_05.jpg


 2016/01/12報   クリックで画像切替 




»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL