長野県軽井沢町、国道18号の碓氷バイパスでスキー客らを乗せたバスが崖下に転落、乗員乗客41人のうち、14人が死亡、27人が重軽傷、バスの運行会社は事故2日前に、国土交通省から行政処分




【2016/08/24最新】 【主報】 (2016/01/15-13:46)
 長野県軽井沢町、国道18号の碓氷バイパスでスキー客らを乗せたバスが崖下に転落、乗員乗客41人のうち、14人が死亡、27人が重軽傷、バスの運行会社は事故2日前に、国土交通省から行政処分



 15日午前1時55分ごろ、長野県軽井沢町の国道18号の碓氷バイパス入山峠付近で、スキー客らを乗せたバスが対向車線にはみ出し、崖下に転落した。長野県警によると、乗務員を含め14人(男性9人、女性5人)が死亡し、27人が重軽傷を負った。県警が自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で、事故の詳しい原因を調べている。

 バスの運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)は事故2日前の13日に、乗務員の健康管理に問題があったなどとして、国土交通省から行政処分を受けていた。

 バスには18歳から20代の若者を中心に乗客39人、乗務員2人が乗っていた。県警によると、死亡した乗務員は、運転手の土屋広さん(65)=東京都青梅市=と、交代要員で運転手の勝原恵造さん(57)=同=。負傷者は、長野県や群馬県内の病院に搬送され、手当てを受けている。現場はJR軽井沢駅の南東約2キロで、乗客から「横転事故が起きた」と110番があった。

 長野県警によると、バスは下り坂の緩やかな左カーブを走行中に対向車線にはみ出し、道路右側のガードレールを倒し、崖下3メートルに転落、横転した。事故当時、路面は凍結していなかったという。県警はイーエスピー関係者の事情聴取を進めており、軽井沢署に捜査本部を設置した。15日中にもイーエスピーを家宅捜索する。

 バスは14日夜、スキー客らを乗せて東京を出発。長野県の北志賀や斑尾高原方面に向かっていたという。東京・渋谷の旅行会社「キースツアー」がスキーツアーを企画していた。

 国交省によると、バスを運行したイーエスピーは13日、運転手の健康状態の把握や定期的な適性診断を怠るなどの違反があったとして、バス1台について20日間の運行停止処分を受けていた。同社はバス7台を所有。2014年4月に新規の経営許可を取り、15年2月に一般監査を受けていた。

 国土交通省関東運輸局は15日、バスの運行管理に問題がなかったか調べるために、イーエスピーに対し、特別監査を行った。【Updating】

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011500075&g=soc















0582_Nagano_Karuizawa_bus_tenraku_20160115_g_02.jpg




 日付 昇順・降順  日付クリックで動画読込 



 2016/01/15報 




































 2016/01/16報 






















 2016/01/17報 


















 2016/01/18報 














 2016/01/19報 












 2016/01/20報 












 2016/01/21報 














 2016/01/22報 












 2016/01/23報 








 2016/01/25報 






 2016/01/29報 






 2016/01/30報 










 2016/02/02報 






 2016/02/09報 






 2016/02/13報 






 2016/02/14報 






 2016/02/15報 








 2016/02/18報 






 2016/02/19報 






 2016/02/25報 







 2016/03/10報 






 2016/03/11報 






 2016/03/15報 






 2016/03/17報 








 2016/03/19報 






 2016/03/30報 






 2016/04/28報 






 2016/05/10報 






 2016/06/04報 






 2016/07/15報 






 2016/08/24報 









»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL