香港、中国共産党政権を批判する本を取り扱う書店の関係者5人が相次いで失踪、即時解放を訴えるデモに6000人が参加




【2016/01/11最新】 【主報】 (2016/01/10-20:26)
 香港、中国共産党政権を批判する本を取り扱う書店の関係者5人が相次いで失踪、即時解放を訴えるデモに6000人が参加



 【香港時事】中国共産党政権を批判する本を取り扱う香港の「銅鑼湾書店」関係者5人が相次いで失踪した事件で、5人の即時解放を訴えるデモが10日、香港市内で行われ、地元メディアによると、主催者発表で約6000人が参加した。

 デモ隊は5人が中国当局によって拘束されたと主張。「一国二制度を守れ」「政治的拉致に反対」などと書かれた横断幕やプラカードを掲げ、香港政府庁舎前から中国政府の出先機関である連絡弁公室まで行進した。

 デモに加わった男子学生の李敏聡さん(21)は「中国政府には香港で香港人を拘束する権利はない。これは香港人の考え方と言論への統制だ」と中国を批判。40代の女性会社員は「香港政府は香港人の安全を守るべきだ」と強調した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011000165&g=int










0578_Hongkong_Kyousantou_hihan_shissou_20160111_a_04.jpg


 2016/01/11報   クリックで画像切替 




»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL