東京株式市場、1万8000円を割り込む、年初の取引から6営業日続けての値下がりは史上初、上海市場は急落により取引停止、欧米市場も全面安、世界的な株安が連鎖




【2016/01/22最新】 【主報】 (2016/01/08-00:31)
 東京株式市場、1万8000円を割り込む、年初の取引から4日続けての値下がりは1995年以来21年ぶり、上海市場は急落により取引停止、欧米市場も全面安、世界的な株安が連鎖



 7日の東京株式市場は、中国経済の先行き不安や円相場の上昇などを受け、全面安の展開となった。日経平均株価の終値は前日比423円98銭安の1万7767円34銭と1万8000円を割り込み、2015年10月2日以来約3カ月ぶりの安値まで下落。7日は、上海市場が急落して4日に続き取引が打ち切られたほか、欧米市場も全面安になるなど、世界的な株安の連鎖が止まらない状況となっている。

 日経平均が年初の取引から4日続けて値下がりするのは1995年以来21年ぶり。

 この日は、北朝鮮の核実験などを嫌気して株安となった6日の欧米市場の流れを引き継いで始まった。取引開始後に中国当局が人民元の対ドル基準値を連日の元安に設定したことから円高・ドル安が進行。さらに上海株式市場で売りが殺到し、約30分間で取引が停止になると、東京でも自動車や素材、銀行など景気に敏感な業種を中心に大量の売りが出た。

 市場では「中国株安が新興国の通貨下落や先進国の景気停滞につながり、世界株安が長期化する可能性がある」(米系証券)と懸念されている。

 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は30.90ポイント安の1457.94。出来高は23億7486万株、売買代金は2兆8338億円。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016010700663&g=eco










0572_kabuka_bouraku_20160107_e_03.jpg


 2016/01/04報   クリックで画像切替 




 2016/01/05報 






 2016/01/07報 






 2016/01/08報 










 2016/01/12報 










 2016/01/13報 
















 2016/01/14報 








 2016/01/16報 




 2016/01/18報 




 2016/01/19報 








 2016/01/20報 




 2016/01/21報 














 2016/01/22報 






»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL