2015年の交通事故による死者4117人、2014年を4人上回り、15年ぶりに増加、65歳以上の高齢者の死者は2247人、1967年の統計開始以来最も高い54.6%




【2016/01/04最新】 【主報】 (2016/01/04-11:00)
 2015年の交通事故による死者4117人、2014年を4人上回り、15年ぶりに増加、65歳以上の高齢者の死者は2247人、1967年の統計開始以来最も高い54.6%



 昨年の全国の交通事故による死者は4117人で、前年より4人(0.1%)増え、15年ぶりの増加となったことが4日、警察庁のまとめで分かった。65歳以上の高齢者の死者(速報値)は前年比54人増の2247人に達し、全体に占める割合は高齢者の統計の残る1967年以降で最も高い54.6%だった。

 政府が第9次交通安全基本計画(2011~15年度)で掲げた「15年までに死者3000人以下」の目標は未達となった。河野太郎国家公安委員長は閣議後の記者会見で「目標より1000人以上多く、抜本的に対策を見直さなければならない」と述べた。死者数の増加について、警察庁は「事故に遭った場合の致死率の高い高齢者人口の増加が背景にある」とみている。

 全体の死者数は増加したものの、現行基準で統計を取り始めた48年以降で4番目に少ない。1日当たりの死者は11.3人。最多は12月25日の26人で、最少は2月5日の3人だった。

 都道府県別では愛知の213人が最多。大阪の196人、千葉の180人、神奈川の178人、埼玉と北海道の177人が続いた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016010400063&g=soc










0568_2015_koutsuu_jiko_zouka_20160104_a_05.jpg


 2016/01/04報   クリックで画像切替 




»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL