大阪府門真市のマンションで切断された女性の遺体を発見、同居していた自称イラストレーターの女を逮捕、「私の部屋に頭蓋骨はあるが、今は話したくない」と供述




【2016/01/05最新】 【主報】 (2015/12/29-14:36)
 大阪府門真市のマンションで切断された女性の遺体を発見、同居していた自称イラストレーターの女を逮捕、「私の部屋に頭蓋骨はあるが、今は話したくない」と供述



 自宅マンションで遺体を切断し遺棄したとして、大阪府警門真署は29日、死体損壊容疑などで、同府門真市舟田町の自称イラストレーター森島輝実容疑者(29)を逮捕した。「私の部屋に頭蓋骨はあるが、今は話したくない」と供述しているという。

 同署によると、森島容疑者の友人で門真市内に住むパート店員の女性(25)が数日前から行方不明になっており、遺体はこの女性の可能性があるとみて身元の確認を進めるとともに、死亡した経緯を調べる。

 松山市に住む女性の父親から25日、「『娘がいなくなった』と(娘の)友人が話している」と同署に相談があった。同日、女性の口座から現金十数万円が引き出されていたことが分かり、防犯カメラ映像などから森島容疑者が浮上。窃盗容疑で自宅を捜索したところ、頭蓋骨などの人骨が見つかった。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015122900329&g=soc







0561_Osaka_Kadoma_barabara_satsujin_20151229_a_06.jpg


 2015/12/29報   クリックで画像切替 






 2015/12/30報 










 2015/12/31報 




 2016/01/01報 






 2016/01/02報 






 2016/01/03報 




 2016/01/04報 






 2016/01/05報 






»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. ヒカリ 2016/03/08(火) 20:45:49
    酷い
    許せない

Comment form

トラックバック

Trackback URL