トンガ王国、海底火山の噴火により首都ヌクアロファ沖65キロの海上に新島が出現、長さ2キロ・幅1キロ・標高100メートルに達する


0056_Tonga_new_island_submarine_volcano_erupt_201501_01.jpg

0056_Tonga_new_island_submarine_volcano_erupt_201501_02.jpg

0056_Tonga_new_island_submarine_volcano_erupt_201501_03.jpg

0056_Tonga_new_island_submarine_volcano_erupt_201501_04.jpg

【主報】 (2015/01/17-21:00)
 トンガ王国、海底火山の噴火により首都ヌクアロファ沖65キロの海上に新島が出現、長さ2キロ・幅1キロ・標高100メートルに達する



 【ヌクアロファAFP=時事】南太平洋の島国トンガ王国の首都ヌクアロファの沖約65キロの海上に、海底火山の噴火に伴い新しい島が出現した。トンガ当局が16日、確認した。

 海底火山は昨年12月20日、5年ぶりに噴火を始めていた。今月15日に船を出し専門家の調査を済ませたトンガ土地・天然資源省は声明を出し「島の長さは2キロ、幅は1キロ、標高は100メートルに達している」と発表した。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015011700294&g=int

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL