小型無人機「ドローン」の飛行を規制する改正航空法が施行、住宅密集地や空港周辺の飛行、高度150メートル以上の飛行、夜間の飛行を禁止




【2015/12/10最新】 【主報】 (2015/12/10-01:02)
 小型無人機「ドローン」の飛行を規制する改正航空法が施行、住宅密集地や空港周辺の飛行、高度150メートル以上の飛行、夜間の飛行を禁止



 小型無人機「ドローン」の飛行を規制する改正航空法が10日、施行された。国の許可を得ずに住宅密集地や空港周辺、高度150メートル以上の上空でドローンを飛ばすことや、夜間の飛行を禁止。違反した場合は、50万円以下の罰金を科す。

 飛行が原則禁止となる住宅密集地には、東京23区の全域と地方の主要都市の大半が含まれる。国の許可を得るに当たっては、事前に機体の重量や製造番号、飛行理由を明記した申請書を国土交通省や空港事務所に提出する必要がある。その際、10時間以上の操縦経験の確認も求められる。ただ、子どものおもちゃを念頭に、重量200グラム以下のものは対象外とした。

 改正法はこの他、国の許可を得ずに(1)祭りなどのイベント会場で飛ばす(2)危険物を輸送する(3)上空から物品を投下する-ことなども禁じた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120900682&g=eco







0548_kaisei_koukuuhou_drone_kisei_20151210_a_02.jpg


 2015/12/10報   クリックで画像切替 








»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL