2015年の訪日外国人数1973万7400人、前年比47.1%増、3年連続で過去最多を更新、1964年の統計開始以降で最大の伸び、円安や訪日ビザ(査証)の発給要件緩和、国際航空路線拡充などが追い風




【2016/01/19最新】 【主報】 (2016/01/19-11:36)
 2015年の訪日外国人数1973万7400人、前年比47.1%増、3年連続で過去最多を更新、1964年の統計開始以降で最大の伸び、円安や訪日ビザ(査証)の発給要件緩和、国際航空路線拡充などが追い風



 2015年の訪日外国人数(推計値)は前年比47.1%増の1973万7400人となり、3年連続で過去最多を更新した。石井啓一国土交通相が19日の閣議後記者会見で、日本政府観光局のまとめとして発表した。

 円安や訪日ビザ(査証)の発給要件緩和、国際航空路線拡充などを追い風に、中国などアジアを中心に訪日ブームが続き、1964年の統計開始以降、最大の伸びを記録。1000万人を突破した13年から2年でほぼ倍増し、政府が20年の目標として掲げる年間2000万人に迫った。

 訪日客が日本滞在中に買い物や宿泊、飲食などに費やした消費額も3兆4771億円と、14年実績(2兆278億円)から7割増加し、過去最高となった。中国からの訪日客の消費が4割を占めた。

 一方、15年の出国日本人数は前年比4.1%減の1621万2100人となり、1970年以来45年ぶりに訪日客数を下回った。

 15年の訪日客数を主な国・地域別にみると、首位の中国が前年比2.1倍の499万3800人。以下、韓国が45.3%増の400万2100人、台湾が29.9%増の367万7100人、香港が64.6%増の152万4300人、米国が15.9%増の103万3200人と続いた。

 石井国交相は会見で「訪日客の急激な増加により、課題も見えてきた」と指摘。東京や大阪、京都で深刻化する宿泊施設不足の解消などに向け、政府の検討を急ぐ考えを示した。中国経済の減速について「客数に影響が及ぶか注視する必要がある」と語った。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201601/2016011900126&g=eco










0542_Nihon_gaikokujin_rainichisya_kako_saikou_20160119_b_04.jpg


 2015/12/16報   クリックで画像切替 




 2016/01/19報 




»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL