安倍晋三首相がメールマガジンに事実に反する内容を掲載し、菅直人元首相の名誉を毀損したとする訴訟、永谷典雄裁判長は「意見や論評の域を逸脱していない」と判断、菅氏の請求を棄却




【2015/12/03最新】 【主報】 (2015/12/03-17:53)
 安倍晋三首相がメールマガジンに事実に反する内容を掲載し、菅直人元首相の名誉を毀損したとする訴訟、永谷典雄裁判長は「意見や論評の域を逸脱していない」と判断、菅氏の請求を棄却



 東京電力福島第1原発事故への対応をめぐり、メールマガジンに事実に反する内容の記事を掲載され名誉を毀損(きそん)されたとして、菅直人元首相が当時野党議員だった安倍晋三首相に1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。永谷典雄裁判長は「記事の重要な部分は真実と認められる」と述べ、菅氏の請求を棄却した。同氏は控訴する方針。

 問題となったのは、2011年5月20日付で掲載された「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題する安倍氏のメルマガの記事。同年3月の事故直後、菅氏がいったん始まった原子炉への海水注入を、「俺は聞いていない」と激怒して中断させたのに、側近は「注入指示は総理の英断」といううそをばらまいたと記載した。実際には、注入は中断されていなかった。

 永谷裁判長は、政府や国会の事故調査委員会に対する関係者の証言などから、「菅氏に海水注入を中断させかねない振る舞いがあった」と指摘。記事は野党議員が首相の政治責任を追及したもので、「意見や論評の域を逸脱していない」と判断し、名誉毀損に当たらないと結論付けた。

 判決を受け、菅氏は東京都内で記者会見し、「到底承服できるものではない」と述べた。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120300460&g=soc







0530_Kan_Naoto_Abe_Shinzo_dema_sosyou_20151203_a_01.jpg


 2015/12/03報   クリックで画像切替 




»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/12/07(月) 20:21:35
    この永谷典雄なる裁判官
    うさんくさい噂が実しやかに語られてるね
    官邸(自民党)の御用聞きだとか、法務省と裁判所を行き来してるとか
    真実は闇の中
    高裁の判決がどうなるか気になるね
Comment form

トラックバック

Trackback URL