公的年金、2015年7~9月期の運用損益が過去最大となる7兆8899億円の赤字、運用を行う年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が発表




【2015/11/30最新】 【主報】 (2015/11/30-18:11)
 公的年金、2015年7~9月期の運用損益が過去最大となる7兆8899億円の赤字、運用を行う年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が発表



 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は30日、2015年7~9月期の運用損益が7兆8899億円の赤字に転落したと発表した。赤字は6四半期ぶりで、四半期の赤字額としては過去最大となった。

 8月以降、中国経済の減速懸念を背景に国内外の株価が急落したことで、保有する株式の評価額が大きく下落した。昨年10月に公表した資産構成の見直しにより、株式投資比率の目標を従来の約2倍の25%に引き上げたことも裏目に出た。6月末に比べ円高が進行したことで、外国株や外国債券の円換算での赤字拡大につながった。運用実績を示す収益率はマイナス5.59%(4~6月期はプラス1.92%)に悪化した。

 記者会見したGPIFの三石博之審議役は「10月以降の市場環境は回復しており、今年度の直近までの収益額はプラスに転じる基調だ」と強調した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015113000613&g=eco







0525_GPIF_nenkin_akaji_kako_saidai_20151130_a_02.jpg


 2015/11/30報   クリックで画像切替 




»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/12/07(月) 20:12:09
    これでオフィスを虎ノ門ヒルズに移転しようものなら大バッシングだろうな
Comment form

トラックバック

Trackback URL