漫画家の水木しげるさん、多臓器不全のため93歳で死去、1943年に召集され従軍し空爆で左腕を失う、終戦後は紙芝居作家を経て東京で貸本漫画家に、2010年に文化功労者に




【2015/11/30最新】 【主報】 (2015/11/30-17:08)
 漫画家の水木しげるさん、多臓器不全のため93歳で死去、1943年に召集され従軍し空爆で左腕を失う、終戦後は紙芝居作家を経て東京で貸本漫画家に、2010年に文化功労者に



 奇怪な妖怪たちをユーモラスに描き、「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」などの作品で親しまれた人気漫画家の水木しげる(みずき・しげる、本名武良茂=むら・しげる)さんが30日午前7時18分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。鳥取県出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を行う。喪主は妻布枝(ぬのえ)さん。

 幼い頃から絵を描くのが得意で、高等小学校時代、先生に勧められて公民館で個展を開催。夜間中学で学びながら美術教室に通うなどしたが、1943年に召集されてラバウル(現パプアニューギニア)へ。空爆で左腕を失い、終戦後46年に復員した。

 紙芝居作家などを経て東京で貸本漫画家となり、「鬼太郎夜話」「河童(かっぱ)の三平」などを出版、「月刊漫画ガロ」にも作品を発表した。65年、講談社「別冊少年マガジン」掲載の「テレビくん」が同社児童漫画賞を受賞し出世作に。

 「週刊少年マガジン」では「墓場の鬼太郎」の連載もスタートし、水木プロダクションを設立した。同作はテレビアニメ化を機に「ゲゲゲの鬼太郎」と改題され、主題歌の作詞も手掛けた。他に、戦争体験を基にした実録戦記漫画「総員玉砕せよ!」や自伝的漫画「コミック昭和史」、多数の妖怪を紹介した「図説日本妖怪大全」など。

 91年、紫綬褒章。2003年、旭日小綬章。故郷の鳥取県境港市には人気キャラクターのブロンズ像が並ぶ「水木しげるロード」が整備され、観光スポットに。妻布枝さんの自伝「ゲゲゲの女房」が10年にNHK連続テレビ小説として放映され、その後、映画化もされて話題になった。同年、文化功労者。

 関係者によると、水木さんは自宅で転倒し、11日から東京都三鷹市内の病院に入院していたが、30日未明に容体が悪化した。

時事ドットコム(引用元)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015113000362&g=soc







0523_Mizuki_Shigeru_shikyo_20151130_a_04.jpg


 2015/11/30報   クリックで画像切替 






»  書き込む :2


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/12/07(月) 20:11:45
    話題振ったが、最近の若い子は知らないみたいで反応がなかった
    びっくりした
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2016/01/07(木) 17:03:57
    おれも「しってる?」って聞いたら「しらない」って
Comment form

トラックバック

Trackback URL